バルサMFブスケツ、顔面負傷で途中交代も「順調に回復している」

拡大画像を見る

 バルセロナは8日、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケツの負傷状況を発表した。

 リーガ・エスパニョーラ第35節が8日に行われ、バルセロナはホームでアトレティコ・マドリードと対戦し、スコアレスドローで試合が終わった。先発出場したブスケツは26分に、空中戦でDFステファン・サヴィッチと接触。ピッチを離れたブスケツは、その後鼻血を止めて試合に戻ったものの、32分にMFイライクス・モリバと交代した。

 同選手はロッカールームで診察を受けた後に病院に移送された模様。検査の結果、「上顎の亀裂を伴う顔面への挫傷」が確認されたという。なお、「順調に回復しており、回復次第で復帰時期が決定する」としている。

 バルセロナは次節、11日にレバンテとアウェイで対戦する。

関連リンク

  • 5/9 8:40
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます