【NHKマイルC予想】人気薄を買わなければ当たらない?狙える激走穴馬候補は「前走重賞惜敗タイプ」か!

拡大画像を見る

 春のGIシリーズはいよいよ5週連続の東京競馬場ステージへ突入! まずは3歳の芝マイル戦GI『NHKマイルC』(東京・芝1600m)が今週スタートする。3歳トップクラス勢は、ここまで牡馬&牝馬それぞれ別路線を歩みがち。この舞台でついに牡牝混合のマイル頂点が決定されることになるわけだ。

 とはいえご存じの通り、この『NHKマイルC』はとにかく荒れる一戦としても有名。過去10年だけをデータ例としても、馬連でも万馬券が10回中4回。3連複でも10回中8回は万馬券。3連単となれば、10回中7回10万円超が発生している。

 たとえば昨年、2着が1番人気レシステンシアだったが1着に9番人気のラウダシオン。一昨年は2番人気アドマイヤマーズが1着でも2着が14番人気のケイデンスコール。というように、馬連にしても「人気&人気薄」の組み合わせが多いレースということができる。

 人気馬同士でもダメ、人気薄同士でもダメ…。馬券の組み合わせ戦略を立てて臨まなければ、簡単に返り討ちにあってしまうレースなのである。

 特に今年のメンバーはレベル拮抗状態。それでもどれかが人気上位馬になるわけで、逆に能力があっても人気下位になってしまう馬もいるということ。人気薄だからといって期待値が低いというわけでもないのだ。

 現在1番人気になりそうなのはGI『朝日杯FS』(阪神・芝1600m)1着馬グレナディアガーズ(川田)。そこを中心に『弥生賞』2着シュネルマイスター(ルメール)、『NZトロフィー』1着バスラットレオン(藤岡佑)、『シンザン記念』1着ピクシーナイト(福永)、『アーリントンC』1着ホウオウアマゾン(武豊)、『ファルコンS』1着ルークズネスト(幸)などが参戦。ほかにも各重賞2〜3着馬が参戦。これだけのメンバーを見てもオッズは混迷を極めそうではないか。

◆狙い目は前走重賞の惜敗&人気薄の馬たち?



 それではレースと馬券の傾向を見ていこう。

 『NHKマイルC』は荒れる傾向にありながら、1〜3番人気が揃って馬券圏内を外すことも少ない。過去10年で揃って圏内をハズしたのはわずか1回だけだ。直近5年の傾向としては、1番人気か2番人気のどちらかが連対していた。しかし相手は人気薄になりやすい。さらに2桁人気馬が2・3着に食い込んで、配当を跳ね上げることもある。

 過去5年で、6番人気以下で馬券圏内になっている馬は9頭。昨年1着ラウダシオン(9番人気)は前走『ファルコンS』1番人気で2着だった馬。3着のギルデッドミラー(6番人気)は前走『アーリントンC』2着馬。一昨年の2着ケイデンスコール(14番人気)は前走『毎日杯』4着。3着カテドラル(7番人気)も前走『アーリントンC』2着馬。3年前に1着のケイアイノーテック(6番人気)は前走『NZトロフィー』2着。3着レッドヴェイロン(9番人気)は前走『アーリントンC』3着馬である。

 というように、前走重賞で惜しくも勝ちきれない惜敗だった馬たちが「人気薄の激走馬」として台頭していることが見えてくる。前走重賞で勝っている馬は人気になるけど、惜敗している馬の人気薄のほうが狙い目なのだ。

 今年でいえば、前走『アーリントンC』2着リッケンバッカー&3着レイモンドバローズ&4着ピクシーナイト。前走『NZトロフィー』2着タイムトゥヘヴン&3着シティレインボー、さらにGI『桜花賞』15着敗退のソングラインなど…。いかにも人気の盲点となりそうな馬たちに妙味を感じる。
 
 タイム指数からの傾向としては、軸馬は「平均値上位+前走値105以上」が基準。今年当てはまる馬は数頭いる。なかでも距離値で112という2頭。ホウオウアマゾンとグレナディアガーズは上位候補になりそうだ。個人的にはそこと人気薄をどう絡めていくかが、今年の馬券テーマになると思う。「堅く決まったときは仕方ない」とあきらめるくらいの馬券で勝負してみたい。
(netkeiba・大石川大二郎)

関連リンク

  • 5/9 7:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます