『ドラゴン桜』平手友梨奈の「絶望と希望」!キンプリ高橋海人と互角の圧巻「目の演技」

拡大画像を見る

ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の第2話は、大人の手前で悩み生きる高校生が、卒業後の生き方を決めた瞬間に立ち会うという感動があった。人生の岐路に立った時に、そばにいる人や出会った人に救われたり教えてもらえることがある。その人物が桜木(阿部寛/56)だったら、やっぱり東大を目指すことになるわけで、早い展開にハラハラさせられた。

 第2話は、バドミントンに全てを捧げてきた楓(平手友梨奈/19)が、東大を目指すきっかけを描いた青春の1ページだった。どんなに頑張っても、実力を持っていても、夢が叶わないことがある。人生を賭けてきた程の絶望から未来への希望を見せてくれた素晴らしい展開だった。

■絶望から得た新しい未来と希望

 バドミントンの全国トップクラス選手である楓が抱いている心身の重圧や負担は相当なものだっただろう。ストレス発散で万引きをしてしまい、瀬戸(高橋海人/22)に咎められていたところを桜木に見られたのは心理的に相当影響しただろう。部室のロッカーや女子トイレの鏡に貼られた告発のビラ、桜木に「お前じゃ無理だ」と言われることに耐えられず、とうとう桜木のテントに火をつけてしまう。

 精神的に追い詰められていた楓が、嫌がらせの事実や本音を隠さずに話すのは瀬戸だ。瀬戸はいつでも楓を気に掛けていて、矢面に立つことも裏から手を引くことも厭わない。その瀬戸が敵視する桜木は、放火事件を丸く収め、楓に対する嫌がらせの真相を突き留め、絶望する楓に未来の選択肢を与えて光を見せてあげたのだ。

 まさに大人の解決と対応で、瀬戸が楓を助けたのとは格の違いを見せつけた。これでは瀬戸も敵わないだろう、罪を免れた上にまんまと東大専科に入ることになった。これは瀬戸の人生を変えた瞬間でもあり、この流れは秀逸だった。

 ところで、第1話で水野(長澤まさみ/33)を陥れて、桜木の制裁を食らった生徒・岩井(西垣匠/21)と小橋(西山潤/22)が桜木の舎弟のようになっているのが面白かった。2人は相変わらずの悪い雰囲気そのままなのだが、桜木のために動かぬ証拠を掴んだり、「あいつ何気にイイ奴かも」と瀬戸に話すほどに手懐けられていた。この2人は今後もいい働きをするかもしれないと密かな楽しみになった。

■平手の目力の強さに圧倒される

 楓が怪我をしてもチームを離れずチームのためにサポートとして帯同しているのが切なかった。表向きは怪我をしているから裏方としてチームを支えているように見えるが、信頼していたコーチとダブルスを組むパートナーに裏切られ、有名大学のスポーツ推薦入学の夢も消えたのだから、心の痛みはとんでもなく大きかったことだろう。それでも「恨んでいない、(悪いのは)怪我を隠していた自分だから」と言える潔さ。

 そして、自分が出来ることを考えてチームに寄り添うことが出来る気持ちの強さは、楓が心からバドミントンを愛しているからだろう。楓を陥れた生徒は、さすがに後悔の念に苦しみ試合も苦戦。押しつぶされそうな気持ちを見越してか、気合を入れるように拳を突き出した楓の清々しさは、演じている平手友梨奈そのものに見えたし、『不協和音』(欅坂46)のセンターでパフォーマンスをする本人を彷彿とさせた。そして、楓が東大を目指すと言ったら必ずやり遂げるだろうと確信できる程に素晴らしい芝居だった。

■楓を見守る瀬戸が本気すぎて心配になる

 そして、楓を見守る瀬戸がまたいい。

 チームが優勝して、本来なら歓喜する輪の中心にいただろう楓が寂しそうに立ち去る背中に泣けたし、それを観客席の後ろから声を掛けることもなく見守っていた瀬戸の目には、うっすらと涙が見えた。この2人から伝わってくる強い信頼関係って何だろう。コンビニでの万引きや深夜の学校内放火など、もはや犯罪行為をかばう程なのだから、ただ事ではないものを感じる。

 もっと言うと、深夜の学校内でバッタリ遭遇した時に、目だけで会話してしまう程に親密。だけど、ただ好きな人を守りたいといった浅いものではないように見える。桜木の機転ともいえる策略で、東大専科クラスに入った2人が今後どう絡んでいくのか注目していきたい。

(文・青石 爽)

『ドラゴン桜』は、2005年7月期に放送され社会的ブームを巻き起こした同名ドラマの続編となる新シリーズ。原作は『モーニング』(講談社)にて連載中の三田紀房氏による『ドラゴン桜2』で、前作ドラマの15年後のストーリーをオリジナル展開で描く。偏差値32の龍海学園は経営破綻寸前にあり、これを打開すべく学校再建のエキスパート弁護士・桜木建二(阿部寛/56)による再建を図るが、理事長の龍野久美子(江口のりこ/40)は進学校化に反対、生徒は姉と2人で両親が残したラーメン屋を手伝う瀬戸輝(髙橋海人/22)、バドミントン全国トップレベルの選手である岩崎楓(平手友梨奈/19)、優秀な弟に劣等感があり見返してやりたい天野晃一郎(加藤清史郎/19)など悩みや問題を抱えた生徒たち。桜木の教え子であり弁護士になった水野直美(長澤まさみ/33)の奮闘にも注目の学園ドラマである。

関連リンク

  • 5/9 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます