近藤真彦退所で東山トップに!意外な「木村拓哉超え」Jナンバー2の名前

拡大画像を見る

 4月30日付でジャニーズ事務所を退所した近藤真彦(56)。

“ジャニーズの長男”こと近藤は、2020年11月に『週刊文春』(文藝春秋)が25歳年下の女性との5年にわたる不倫関係を報じられ、芸能活動を無期限自粛。今年4月中旬に本人から申し入れがあり、同月末をもって退所することになったという。

 5月2日、東山紀之(54)はメインキャスターを務める『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)に生出演し、近藤の「退所の仕方について大きな疑問が残る」とコメント。

 続けて「後輩たちにもファンにも説明がなかった。それは説明をしたくなかったのか、することができなかったのか、それともこれからするのか、どういうふうになっていくのかは見ていく必要がある」と厳しい口調で語った。

 さらに近藤について東山が「退所のコメントでも、すごく薄っぺらく聞こえる」と、辛辣なコメントを述べたことも大きく報じられた。

「ジャニーズのトップタレントだった近藤に対して、これだけ厳しいことが言えるのは東山だけですよね。2人は年齢も近く、そして東山は40年以上、近藤の背中を見てきた。だからこそ、ここまで厳しい言葉を重ねたのでしょう。

 これまで二番手だった東山が、今後は“ジャニーズの長男”になるわけですが、気になるのは、これまで東山が務めてきた重要なポジション、二番手になるのは誰なのか、ということですよね」(女性誌記者)

■二番手昇格は木村拓哉ではなく……

 一部では元SMAPの木村拓哉(48)が昇格する、という見方もある。

「昨年7月にはファンクラブも立ち上げ、木村さんは“ジャニーズに骨をうずめる覚悟でいる”とも報じられています。たしかに、人気、実績面を考えれば木村さんは、東山さんとともに今後のジャニーズを引っ張っていく存在であることに間違いはないでしょう。

 ただ、二番手に昇格するのは木村ではなく、岡本健一さん(51)だといいますね」(芸能プロ関係者)

 岡本は1988年に男闘呼組のメンバーとしてCDデビュー。グループの活動休止後は俳優としてドラマや映画を中心に活躍を続け、NHK大河ドラマ『真田丸』などにも出演。また、長男は同じくジャニーズ事務所に所属し、4月11日付でHey!Say!JUMPを脱退した岡本圭人(28)だ。

「デビュー年も年齢も、木村さんより岡本さんのほうが上です。また、岡本さんをそれを実感しているようで、よく後輩タレントを連れて行動して、面倒を見ているんです」(前同)

 TOKIOの松岡昌宏(44)などは岡本のことを、「岡本先輩」や「岡本兄さん」と呼んで慕っているという。

■息子の“身勝手脱退”も丸め込める力

「世間的には木村さんのほうが圧倒的に人気、知名度が高く、売り上げ的にも会社にも大きく貢献しています。ただ実は、岡本さんはすでにジャニーズ内では絶対的な地位を築いているというんです。

 ジャニーズを知る芸能関係者は、東山さんに代わって二番手に昇格するのは“岡本さん”と口をそろえます。それが垣間見えたのが、息子の圭人との舞台共演ではないでしょうか」(前出の芸能プロ関係者)

 岡本圭人がHey!Say!JUMPを脱退した直後の4月21日、8月30日から9月12日まで上演される舞台『Le Fils 息子』で父親の岡本健人と共演し、親子役を演じることが発表された。

「圭人はアメリカの演劇学校に留学するため、2018年8月末にグループの活動を一時休止。留学する際には、“未来のHey!Say!JUMPにふさわしい人間になれるように頑張ってきますので楽しみに待っていてください”とコメントし、メンバーも後押ししていました。

 ところが、留学を終えるとグループを脱退。これを“裏切り”だと感じ、圭人を非難するファンも少なくありませんでした」(前出の女性誌記者)

 圭人の脱退が発表されると、ファンからは「2年で必ず戻ってくるって本人が言ったからずっと待ってたのに。マジでありえない」「岡本圭人の脱退、正直甘い。2年半前Hey!Say!JUMPに還元できるようにって留学行ったのに、戻ってきたと思ったらこれ?」といった声が上がった。

「その脱退発表から程なく、いきなり舞台出演が発表されたわけです。圭人は身勝手な行動をしたにもかかわらず、です。それが許されたのも父親の岡本健一さんがジャニーズ事務所内で大きな力を持っていることが、理由であることは間違いないでしょう」(前出の芸能プロ関係者)

■“副業疑惑”も浮上したが……

 1月19日の『週刊女性PRIME』では2020年9月、岡本健一が東京都内の塗装会社「O」の代表取締役に就任していたと報じている。

 Oはもともと健一の父親が経営していたものの、2020年に社長を交代。さらに圭人も取締役に就任したという。

 ジャニーズ事務所ではタレントの副業を禁止している。『週刊女性PRIME』がジャニーズ事務所にこれが副業にあたらないのか問い合わせたところ、「ご質問の会社に関して、当社は以前から報告を受けておりますところ、副業にはあたらないと判断いたしております」という回答だった。

「これも、岡本健一さんでなかったらどうなっているかわからない案件ですよね。近藤さんが退所し、二番手に昇格すると言われる健一さんは、こういった“キナ臭い話”も丸め込める力を持っている、ということでしょうね……」(前出の芸能プロ関係者)

 東山紀之&岡本健一の新体制で、ジャニーズ事務所は新時代に突き進む!?

関連リンク

  • 5/9 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます