もう喋るな、話が噛み合わねぇ!男が「うんざりする女性との会話」って?

拡大画像を見る

 男性との会話がなかなか続かないと悩む女性も多いのでは?もしかすると、男性が会話する気をなくすようなことを無意識のうちにしてしまっているのかもしれません。今回はこんな女性とは話したくないと男性がうんざりしてしまう会話の特徴をご紹介します。 


言葉が汚い

乱暴な言葉を使ったり、男性のような言葉で話したりする女性と話すと、会話に集中できずイライラしてしまいます。相手のことを呼ぶときに「こいつ」と乱暴に呼んだり、「うざい」「死ねばいいのに」なんてネガティブな言葉を使ったりする女性も男性から嫌われてしまいます。初対面ではとくに注意が必要です。言葉遣いはすぐに直せるものではないので、日頃から丁寧な言葉を意識し、気をつけるようにしましょう。 


なんでも自分の話にする

男性が話している途中でも、「わかる!私もね……」と、常に会話の主役が自分になってしまう女性との会話はうんざりしてしまいます。男性と話していたけど、あとから考えると男性が話していた内容をよく覚えていないということがよくある女性は、自分ばかり話してしまっている可能性が考えられます。自分が話してはいけないわけではありません。相手の話をよく聞いてから、自分の話をするように心がけましょう。 


言いたいことを全部先に言ってくる

「それ知ってる、○○だよね!」「つまり○○ってことでしょ!」と男性が言いたいことを次々と先に言ってしまう女性は嫌われてしまうことが。聞いたことがある話かもしれませんが、結論を先に言うのはやめましょう。男性が「そうじゃなくて……」というと「じゃあこれ?それともこっち?」と結論を急ぐのもよくありません。 


ネガティブなことばかり話す

人の悪口や愚痴ばかり話す女性は、男性にうんざりされてしまいます。最初は「つらかったね」と聞いてくれる男性も、ネガティブな話ばかりでは疲れてしまいます。意見を求めてくるのに、「でも」「だって」と反論ばかりするネガティブな女性も男性は苦手なので、会話したくないなと思われてしまうのです。 女性同士では成り立つ会話も男性にとってはうんざりする会話になることがあるので気をつけましょう。 (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/9 7:16
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます