東山紀之「26年遅い男」マッチ痛烈批判の裏に「骨折・ジム・田原俊彦」!

拡大画像を見る

「退所の仕方について大きな疑問が残る」「マッチさんのために自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方をたくさん知っているので、その人たちの思いをマッチさんはどう受け止めているのか」「退所のコメントでもすごく薄っぺらく感じる」

 5月2日放送の『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)で、先輩である近藤真彦(56)に対してこう辛辣な言葉を向けたのが少年隊の東山紀之(54)だ。

 近藤は、昨年11月の『週刊文春』(文藝春秋)で25歳年下の女性社長Aさんとの5年不倫が報じられ、一連の責任をとる形で芸能活動を無期限自粛。活動を再開しないまま4月30日をもって、約44年にわたって所属してきたジャニーズ事務所から退所することが同日に発表された。

「近藤は、会見などもせず、ジャニーズ事務所を通じて、“ありがとうジャニーズ ありがとう素敵な後輩達 ありがとうジャニーさん”などとコメントを発表して退所。謹慎の流れから逃げるようにして辞めてしまったようにも見え、芸能関係者の間でも批判的な声があります。

 5月7日発売の『女性セブン』(小学館)によると、東山は“自分が言わなければ、誰が言うんだ”との思いがあったといいます。近藤がジャニーズを去ったことで、最年長いわゆる“長男坊”の座に新たに就いた東山は、近藤の退所には、立場的にも黙っていられなかったのでしょう。だからこそ、番組で公然と厳しい言葉を並べたのではないでしょうか」(女性誌記者)

■芸にストイックなヒガシ、レースに没頭のマッチ

 東山から近藤への痛烈な批判には、さまざまな思いが込められているようだ。

 ワイドショー関係者は、

「東山さんは40年近く近藤さんの背中を見続けてきました。番組を通じて、厳しい言葉を投げたのには、いろいろと理由があるようなんです」

 と話し、こう続ける。

「東山さんは、ジャニーズでも随一のストイックさで知られています。最近でも昨年12月から今年1月31日まで上演された舞台『チョコレートドーナツ』で、東山さんはドラァグクイーン役を演じ、54歳ながらダンスと歌も披露しています。さらに、4月9日発売の『FRIDAY』(講談社)では、骨折しているにもかかわらずジムにサボらず通っている姿を報じられています。

 一方の近藤さんは、ここ20年くらいは芸能活動よりもレースに力を入れているような状態。5月5日付の『NEWSポストセブン』では4月にシーズンが開幕し、このまま謹慎が解けないと自身が監督を務めるレーシングチームに影響が出かねないといった事情も、大型連休中の退所発表につながったと伝えています。

 5月1日付の『スポニチアネックス』でも、近藤さんが監督に復帰する準備を進めている段階と報じているように、ジャニーズを辞めた今、彼の頭の中はレースのことで一杯のようです。今後の芸能活動も、熱心に応援してくれるファンのためのもの程度にとどまる、と言われています。

 東山さんは、そんな芸能活動に身が入っていない近藤さんでも先輩ということで立て続けてきたわけです。それが、これまで散々お世話になってきた芸能マスコミ関係者、そして何よりファンへの公の場での直接のメッセージなしに、あまりにもあっさり近藤さんが退所したわけで、当然、残念という思いと、怒りがあったでしょうね」

■“タブー”トシちゃん話をテレビ番組で連発!

 さらに、前出のワイドショー関係者は、

「そもそも東山さんは、田原俊彦さん(60)派だったのではないでしょうか」

 と言い、こう続ける。

「近藤さんと同じたのきんトリオとして活動していた田原さんですが、1994年3月にジャニーズ事務所から独立しています。以降、ジャニーズの中では田原さんにふれることがタブーになっている、ともささやかれていました。

 しかし、そんな中でも東山さんは2019年6月放送の『1番だけが知っているSP』(TBS系)で、マイケル・ジャクソンの代名詞とも言えるムーンウォークが一番うまかった人物として、田原さんを挙げています。しかも、この1度ではなく、東山さんは近年、何度も何度も田原さんのことをテレビで語っているんですよね」(前同)

 東山は、2020年11月21日放送の『サワコの朝』(TBS系)で、自身が影響を受けた楽曲として、田原の1988年の楽曲『抱きしめてTONIGHT』を挙げ、「田原さんのカッコよさがこの曲に出てますし、一番ジャニーさんの凄さを感じる曲だった」とコメント。

 さらに今年1月6日放送の『1周回って知らない話&今夜くらべてみました 初告白連発4時間SP』(日本テレビ系)でも東山は、「(冷蔵庫に)『104』と書いてあるコーヒー牛乳は飲んじゃいけなかった」と合宿所での田原との思い出を回想。

 1月8日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でも「トシちゃんは結構怒られていましたね。やっぱり女の子の家に行ったんでしょうね」とまたしても、田原に関するエピソードを語っていた。

「とてもタブーだとは思えないほど東山さんは、田原さんのエピソードを語っています。もちろん、直接の“上司”であった近藤さんのことは敬っていたでしょうが、田原さんは憧れの対象で、好きだったんでしょうね」(前同)

■「辞めるの遅すぎるよね、みんな」と語った田原

 東山の口からたびたび名前が出る田原は、60歳になっても現役のエンターテイナー。緊急事態宣言の影響で開催見合わせとなってしまったものの、4月25日にも東京国際フォーラムホールでのコンサートが予定されていた。

「田原さんは、独立後テレビに出られない時期も地道にコンサート活動は続けていて、60歳になった今でもダンスはキレキレ。当時と同じ振り付けて、エンターテイナーとしての道を極め続けています。その姿勢を東山さんもリスペクトしているのでしょう」(前出のワイドショー関係者)

 田原は、2020年12月13日付の『文春オンライン』のインタビューで、近年相次ぐジャニーズ事務所からの退所者について、「辞めるの遅すぎるよね、みんな」とし、「まあ身動きが取れなかったんだろうけど、それでも30歳を超えれば、1人で歩きたいなって思うのが普通だよ」と語っている。

「田原のインタビューでの発言から考えると、近藤の退所は“26年遅かった”ということになりますね。田原は33歳で一大決心をしてジャニーズを飛び出して、これまでずっと自分一人の力で勝負を続けてきた。一方の近藤は、大きな傘に守られながら、芸能活動よりもレースに没頭してきた。

 同じ道を歩めなかったとはいえ、東山は孤高のプロフェッショナルとして戦い続ける田原の姿を見続けて、刺激を受けてきたのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

 5月2日の『サンデーLIVE!!』での、あまりにも厳しい近藤への言葉には、東山のこうしたさまざまな思いが交錯していたのかもしれない。

 一番歳が近い後輩に「薄っぺらい」と一刀両断された近藤。今後、ジャニーズという大きなバックを失った彼が、東山からかけられた言葉を見返すような活躍をできるだろうか――。

関連リンク

  • 5/9 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます