先生に絵をダメ出しされて落ち込む6歳児 「芸術に間違いはない」著名人らが続々とエール(英)

拡大画像を見る

英チェスター在住のジェマ・レイトンさん(Gemma Leighton)は先月21日、6歳の娘エディちゃん(Edie)が放課後のアートクラブで先生から作品をダメ出しされたと自身のTwitterに報告した。

「先生がエディの作品はおかしいと言ったんです。アートに間違いなんてない! エディは絵を描くことが大好きだったから、とても怒ってしまったの。エディを応援するために、この絵に『いいね』をしてくれませんか?」

そのように書かれた投稿には、エディちゃんの絵が添えられている。描かれた木は奥のほうが小さく描かれており、エディちゃんは6歳にして遠近法による表現を知っていたようだ。

ジェマさんのこのツイートは反響を呼び、今月9日の時点で14.5万件以上の「いいね」が集まった。さらに「素晴らしい作品だ。この絵を印刷して自宅の壁に飾りたいよ」「スクリーンショットをしてスマホの壁紙にしてもいいかい?」など1.5万件以上のコメントが届いたのだ。

プロの芸術家として活動しているジョナサン・スモールさん(Jonathan Small)は「エディの絵は最高だよ。とても表現力豊かな絵だと思う。もし先生が芸術について詳しい人なら、エディが絵に取り入れた遠近法に気付いたはずだ。これはほとんどの6歳児がまだ学んでいないことだよ」とエディちゃんの技術を絶賛した。

かつて『New York Daily News』など複数のメディアで記者として活動していたヘレン・ケネディさん(Helen Kennedy)は、「僕も君と同じくらいの年の頃、馬を青く塗ったら怒られたことがあったよ。当時は僕もそうするべきではないと先生の言葉を信じたけど、信じるべきではなかったね。数学は正解か不正解のどちらかだけど、芸術は決してそうではないんだ」と幼少期の芸術のトラウマについて明かしている。

さらにロックバンド「KISS」のメンバーであるポール・スタンレーも「エディ、君の作品は本当に素晴らしい。アートに間違いがあるはずなく、間違っているのは先生の方なんだ。君の作品は自由と情熱を表している。それがどうして“間違っている”となってしまうんだ!? 君が今まさにやっていることを続けてくれ。僕は君の作品が大好きだ!」とエディちゃんにメッセージを送った。

予想外の多くの反応や著名人からのエールに、ジェマさんやエディちゃん本人も驚き、翌日にはエマちゃんが直接感謝の気持ちを伝えたいとのことで動画が投稿された。

「みなさん、心優しいメッセージをありがとうございます。『Etsy』で作品を販売するので、そこからどうぞ!」

エディちゃんが話す『Etsy』とはハンドメイド作品やヴィンテージ品をオンライン上で売買できるサイトで、エディちゃんは多くの人の「絵が欲しい」という要望に対して販売ページを立ち上げると宣言したのだ。ジェマさんはこの動画を撮影している時に知ったそうで、動画ではエディちゃんの突然の宣言に笑うジェマさんの声が聞こえる。

販売ページを覗いてみると、価格は12ポンド(約1800円)で販売されている。

今回の大反響に、ジェマさんは「エディの絵について、こんなにたくさんのコメントを貰えるなんて、本当に驚きです。たくさんの『いいね』やコメント、本当にありがとうございました。おかげでエディは自信を取り戻せました」と明かした。

画像は『LADbible 2021年4月28日付「Teacher Tells Pupil Painting Is Wrong But People Seriously Disagree」』『Gemma Leighton 2021年4月21日付Twitter「My 6 year old daughter painted this amazing scene at an after school art club.」』『Paul Stanley 2021年4月21日付Twitter「Edie... Your art is AWESOME!!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 5/9 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • いい絵だよねぇ。親しみがあるよ、特にところどころ白く空間が残されてるのが自由で好き。私の頭の中もこんな風に、人が喋ったり文字からも色が浮かんで来るのよ。

  • ヤン中佐

    5/10 0:53

    アートクラブの先生ね……型通りの描き方を教えるだけの講師で芸術家ではないんでしょ。

  • その先生は岡本太郎さんみたいな人なのかな?

記事の無断転載を禁じます