ふりかけの新ブランド「YOSHIMARU」誕生!腸活顆粒使用の子ども向け商品発売


大正2年に創業の老舗ふりかけメーカー「フタバ」は、ふりかけの新たなブランド「YOSHIMARU」を立ち上げ、第一弾として子ども向け商品「すくすくふりかけ」を、“ふりかけの日”である5月6日(木)に発売した。

ふりかけの考案者の想いを受け継ぐ


「フタバ」は、ふりかけの考案者・吉丸末吉氏の「健康を願う想い」を現代に受け継ぎたいと、ふりかけの新たなブランド「YOSHIMARU」を立ち上げた。熊本で薬剤師をしていた吉丸氏が、100年以上前の食糧難の時代に人々のカルシウム不足を補うために考案したのが、ふりかけの元祖(※)である「御飯の友」。昭和9年に同社が吉丸氏から引き継ぎ、その味を守っている。

食と健康に関する問題に向き合う

栄養の偏りや不規則な食生活、食べ過ぎ、栄養過多、食品ロスなど、食と健康に関する問題に直面している現代。新ブランドでは、おいしく手軽に栄養補給ができる「ふりかけ」の可能性を最大限にいかしながら、現代のライフスタイルに合わせた商品を提案していくことを目指している。

ふりかけで子どもの腸活

同ブランドは、飽食の時代に健康に求められるものとして、「腸活」に着目。


第一弾商品『すくすくふりかけ「-鯖といわしと焙煎大豆-」』600円(税別)には、同社が長年培った技術で実現可能となった、腸の働きに良いといわれる玄米・米麹・乳酸菌・オリゴ糖・モロヘイヤを混ぜて乾燥し顆粒にした「腸活顆粒」を配合。化学調味料は使わず、DHAやカルシウムが豊富で、出汁がよく取れるサバ・イワシの削り節を贅沢に使用し、素材本来の香りや旨味を味わうことができる。さらに、焙煎した大豆を砕いた「クラッシュ大豆」が、程よい歯ごたえをプラスしている。

仕事や家事、育児と忙しいなかでも、子どもの食事の栄養に気を配り、安心・安全な食材を食べさせたいと考えている人にぴったりだ。

販売は、「YOSHIMARU」ホームページECサイト・「フタバ」本社直売所 ふたば苑・ヒノマルマルシェ・ヒノマル&LIB CAFEにて。順次全国にて展開予定となっている。

※ 平成6年10月、全国ふりかけ協会で “ふりかけの元祖“として認定

画像をもっと見る

  • 5/7 18:11
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます