リーズが3発快勝! VAR判定に泣いたトッテナム、メイソン体制でリーグ初黒星

拡大画像を見る

 プレミアリーグ第35節が8日に行われ、11位リーズと6位トッテナムが対戦した。

 試合が動いたのは13分、ホームのリーズが先制する。左サイドからジャック・ハリソンが高速のグラウンダークロスを相手GKとDFの間に通すと、相手DFセルヒオ・レギロンは処理しきれず。相手GKウーゴ・ロリスはなんとかかき出すが、こぼれ球をスチュアート・ダラスが押し込んだ。

トッテナムは25分に試合を振り出しに戻す。ハーフウェーライン付近からペナルティエリア手前まで運んだデレ・アリは、相手DFの股の間を通してスルーパス。抜け出したソン・フンミンは、相手GKとの一対一を制して流し込んだ。

 トッテナムは31分、デレ・アリのスルーパスに抜け出したハリー・ケインがチップキックでネットを揺らす。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のレビューの結果、ケインのつま先が相手DFのつま先をわずかに超えていたとして、オフサイドでゴールは認められない。

 すると42分、リーズが勝ち越しに成功する。左サイドからエズジャン・アリオスキがグラウンダーで折り返し、パトリック・バンフォードが押し込んだ。試合はリーズの1点リードで折り返した。

 追いかけるトッテナムは55分、ソン・フンミンがペナルティエリアの左から左足を振り抜いたが、これは惜しくも枠の外。71分にはセルジュ・オーリエが右サイドから侵入して右足を振り抜くと、強烈なシュートは相手DFに当たってコースが変化。しかし、相手GKイラン・メリエの好セーブに阻まれる。さらに72分、ハリー・ケインが直接フリーキックを狙うが、クロスバーに嫌われる。

 すると84分、リーズがカウンターから点差を広げる。ロビン・コッホのスルーパスに抜け出したハフィーニャが左サイドから切り込み、ペナルティエリア中央でフリーとなったロドリゴにラストパス。ロドリゴは冷静に左足でゴール左隅に突き刺した。

 試合はこのまま終了し、リーズは4戦ぶりの白星で暫定9位浮上。トッテナムはライアン・メイソン暫定監督の指揮下で初のリーグ戦黒星となり、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得がさらに厳しくなった。次節、リーズは15日にアウェイでバーンリーと、トッテナムは16日にウルヴァーハンプトンと対戦する。

【スコア】
リーズ 3-1 トッテナム

【得点者】
1-0 13分 スチュアート・ダラス(リーズ)
1-1 25分 ソン・フンミン(トッテナム)
2-1 42分 パトリック・バンフォード(リーズ)
3-1 84分 ロドリゴ(リーズ)

関連リンク

  • 5/8 22:21
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます