自動販売機で「カキフライ」を買ってみた

拡大画像を見る

誰でも不意に「カキフライ」を食べたくなる瞬間があるのではないか。「カキフライの気分だな」くらいの衝動ならまだ1日2日はガマンできるが、時として半日、いや1時間さえも待てないほど窮地に追い込まれることもある。今すぐ食わないと、おかしくなりそう的な。

まさに今日、私は崖っぷちだった。1粒でいいから食いてえ! そう思っていたのだが、なんと幸いなことに、たまたま訪れていた虎ノ門ヒルズに「カキフライを買える自動販売機」があると知った。それはちょうどイイ! 自販機でカキフライを買って食ってみるか!

・自販機でカキフライ!

その自販機は虎ノ門ヒルズビジネスタワーの地下1階、フードマーケットの「福島屋」に設置されているものだ。カキの養殖会社「ファームスズキ」が商品の販売を行っており、ここ東京・虎ノ門と広島・広島市の「長崎屋」にも設置されているそうだ。

販売している商品は、広島県大崎上島産塩田熟成牡蠣「クレールオイスター」のカキフライ(4個税込1200円)と、殻付きの生食用牡蠣(3個税込1200円)。それに活〆塩田育ちの生食用車エビ(2尾税込1200円)となっている。

自販機で生食用の牡蠣!? とても気になるけど、今は「カキフライの口」になっている。生食用はまた次回に挑戦だ。とにかくカキフライを食べないと……。

購入ボタンを押すと支払い画面が表示される。決済は、交通系を中心とした電子マネーで行う完全キャッシュレスとなっている。

Suicaを決済端末にタッチすると、商品が取り出し口から出てきたぞ! コレがカキフライだ!

冷凍食品なので、このままだと食べることができない。でも大丈夫! 自販機のすぐ隣に電子レンジが設置されているのだ!! これで温めればすぐに食べることができるぞ。すぐにでも食べたい人の気持ちをよく考えて設計された自販機だな、大変優秀! 衝動的にカキフライを食べたくなっても安心だ。

なお、電子レンジにはQRコードのリーダーがついていて、商品に記載されたコードを読み取らないと、使用できない仕組みになっている。買った人だけが温める権利を与えられるのだ!

・1粒300円の価値あり

さて、温めた箱を持って共有のフリースペースへと移動。席に着くや否やフタを開けると、大粒のカキフライが姿をあらわした!

さすがに揚げ立てのように、衣サクサクとはいかないけど、手軽にカキフライを食えるだけで十分ありがたい。カキフライってどこにでもありそうだけど、置いてない洋食屋さん、多いんだよねえ。から揚げ屋はそこら中にできているのに、なぜカキフライ専門店は流行らないんだろう。不思議だ……。

1粒300円は高い気もするけど、食べてみたらその値段に納得した。食感がしっかりしていてプリップリ! ひとつ丸ごと頬張ると、口の中がカキの旨味に満たされて幸せな気分になる。ソースが付いていたら、さらに高い満足度を得られたかも。

もし私のように衝動的にカキフライを食べたくなったら、この自販機を利用するのも良いだろう。早く全国的に自販機が設置されることを願っている!

・自動販売機の設置場所

住所 東京都港区虎ノ門1-17-1虎ノ門ヒルズビジネスタワーB1
時間 8:00~20:00 土日祝10:00~20:00
定休日 不定休

参考リンク:福島屋、ファームスズキ
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

関連リンク

  • 2/26 9:30
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます