男性に良く思われたくて、女の子がついてしまったことのあるウソ9パターン

好きな人の関心を引くために、ついウソをついてしまう女の子もいます。ウソが良くないのは百も承知ですが、好きだからこそついてしまうウソもあることを知れば、それを優しく受け止める大人の男の対応ができるかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者の声を参考に「男性に良く思われたくて、女の子がついてしまったことのあるウソ」を集めてみました。

【1】付き合った人数を少なめに申告したこと
「いつも4、5人って言っていますが本当は二ケタです」(20代女性)というように、男性に敬遠されないように、元カレの人数を減らしている女の子もいるようです。仮に少ないと思っても「身持ちが堅いね」などと褒めるにとどめ、それ以上詮索しないようにしましょう。

【2】ファーストキスの時期を遅めに伝えたこと
「男の子よりも早いと気まずい」(10代女性)というように、清純さをアピールするために、初キスのタイミングを後ろにずらしている女の子も。そもそも、女の子に「ファーストキスはいつ?」などという質問は野暮な男がすることなのかもしれません。

【3】「あるもので適当な料理をつくれる」などと料理上手ぶったこと
「全然できないわけじゃないけど、男ウケを狙ってつい…(笑)」(20代女性)というように、家庭的だと思われたくて料理好きだと言ってしまう女の子もいるようです。得意と言われても期待しすぎず、「料理嫌いではない」くらいに捉えておくのがお互いのためでしょう。

【4】本当は苦手なのに子ども好きを強調したこと
「だって、嫌いだなんて言ったら引くでしょう」(20代女性)というように、男性の期待に応えるために母性の強さアピールしてしまう女の子も。世の中の女の子が全て子ども好きであるという決めつけをするのは、やめておいたほうがいいかもしれません。

【5】大嫌いな女の子の友達をあえて「かわいいよね」と褒めたこと
「性格がいいと思ってもらえそうだから」(10代女性)というように、誰にでも優しい人と思われたいがために、男性の前では他人を悪く言わないという女の子もいます。あとで実は嫌いだったことが判明しても「人間なので、誰にでも合う合わないはある」と思いましょう。

【6】化粧をとったら別人なのに「すっぴんも変わらないよ」とアピールしたこと
「メイクでごまかしていると思われたくないから」(20代女性)というように、男性に素肌美人だと思われるために、化粧前と変わらないと言い張る女の子も。素顔を見ることができるときが訪れたら「化粧してない顔もかわいいよ」などと褒めるのが大人の対応と言えそうです。

【7】男性に合わせるために身長を低めにサバ読みしていること
「自分より背が高い女は嫌でしょう?」(20代女性)というように、かわいらしさをアピールするために背を低めに申告する女の子も。高身長の女の子には、「背が高い女の子も好きだけどね」などと言ってあげると、コンプレックス解消につながるかもしれません。

【8】本当はもっと食べることができても、「もうお腹いっぱい」と少食を演じたこと
「実は大食いです。すみません」(20代女性)というように、女の子らしさをアピールするために、男性の前では食欲を抑えている人も。食事中などに「いっぱい食べる女の子も好き」と言えば、女の子は心おきなく食べられそうです。

【9】本当は彼氏がいるのに、ちやほやされたくて「彼氏はいません」と言ったこと
「彼氏持ちだとその場がしらけるので」(30代女性)というように、合コンなどで恋人募集中だとウソをつく女の子もいるようです。とくに出会いの場では、周りに話を合わせている可能性があるので、気になる子には二人きりになったときに「本当にいないの?」と確認したほうがいいかもしれません。

女の子がウソをつくのは、男性に良く思われたいという気持ちがあるから。ウソをつく女は信用できないと切り捨てるのではなく、その本心を探るようにすると、いじらしく見えてくるかもしれません。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/8 14:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます