【本日の注目ポイント】中京で京都新聞杯、東京でプリンシパルSなど

拡大画像を見る

 5/8(土)は東京・新潟・中京の3場開催。7日正午の馬場発表は東京と新潟が芝・ダート共に良、中京が芝良・ダート稍重。8日の天気は東京と新潟が晴れ、中京が晴れ時々曇りの予報となっている。

■東上最終便・京都新聞杯
 中京11Rは京都新聞杯(GII)。ダービーへの東上最終便として位置づけられる一戦で、今年は中京芝2200mを舞台に行われる。前走のゆきやなぎ賞を快勝したレッドジェネシス、同舞台の大寒桜賞を制したマカオンドール、3頭のGI馬を輩出した名牝シーザリオの仔ルペルカーリア、半兄ステイフーリッシュとの兄弟制覇を目指すゲヴィナーらが参戦。

■ダービートライアル・プリンシパルS
 東京11Rは芝2000mのプリンシパルS(L)。優勝馬に日本ダービーへの優先出走権が与えられる一戦で、京成杯4着から前走でしっかり巻き返したヴァイスメテオール、ディアデラマドレらの半弟となる良血ディオスバリエンテ、2走前のセントポーリア賞でグレートマジシャンの2着だったバジオウなどがスタンバイ。

■新潟11R・谷川岳Sにシュリなど
 新潟11Rは芝1600mの谷川岳S(L)。年明けの京都金杯で1番人気だったシュリが4か月ぶりの休み明けを迎える。他にも、京都金杯で3着に健闘したエントシャイデン、2・3勝クラスと連勝中で勢いに乗るスマートリアン、近2走はリステッドで3着続きのミラアイトーンなどが出走。

■東京10R・メトロポリタンSにパルティアーモなど
 東京10Rは芝2400mのメトロポリタンS(L)。格上挑戦だった新潟牝馬Sを挟み、自己条件を連勝中のパルティアーモ、一昨年の菊花賞2着馬サトノルークス、2年連続で目黒記念2着のアイスバブルなどが出走。

■ミスフィガロの勝ち上がりなるか
 中京4Rは芝2000mで行われる牝馬限定の3歳未勝利戦。日本ダービー馬ワグネリアンの全妹ミスフィガロが人気の中心になりそう。初コンビの川田将雅騎手を背に勝ち上がりなるか。他にも、デビュー2戦連続2着のコーラスケイト、半姉に重賞勝ち馬が3頭いるカミーリアフラワーなど。

■新潟6Rの未勝利にフェットデメールなど
 新潟6Rは芝1800mの3歳未勝利戦。若手騎手競走で、ディアデラマドレの2番仔フェットデメールは亀田温心騎手、サウンドトゥルーの半弟ホウオウリアリティは菅原明良騎手、エピファネイア産駒バルレッタは鮫島克駿騎手とのコンビで初勝利を目指す。

■幸英明騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 幸英明騎手はJRA通算1500勝まであと1勝で、本日は中京で8鞍に騎乗。吉田隼人騎手はJRA通算1000勝まであと1勝で、本日は新潟で7鞍に騎乗。平沢健治騎手はJRA通算100勝まであと1勝で、本日は新潟で1鞍に騎乗。川又賢治騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は新潟で2鞍に騎乗する。

関連リンク

  • 5/8 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます