一人呑み時代にこそ行きたい!センベロ居酒屋『呑りすけ』(学芸大学)が最高すぎた

 他者との接触を制限される閉鎖的な昨今ですが、おひとり様を好む人にとっては、堂々と“個”を楽しむ時代の到来ともいえます。筆者は居酒屋でもレストランでも、一人で食べに行くことを好むのですが、最近は以前よりも一人呑みにちょうどよく、居心地の良い店が増えているように感じています。学芸大学駅にオープンしたセンベロ居酒屋『呑りすけ』もその一つ。

 学芸大学駅東口から徒歩4分。たまたま商店街の通りを散歩していたら見かけた店で、ふらっと立ち寄った時の居心地が最高だったこともあり、すっかりお気に入りの店になりました。昼は『饗膳麺 昌き』(しょうき)という人気の鶏白湯系ラーメン店ということで、店内は座席がしっかりあり、落ちつく空間です。

 初めて来店した際は、店長の安東卓郎(あんどう たくろう)さんやスタッフさんらがすぐにフォローしてくださるので、一人で来ても安心です。

運試しから呑みが始まる。ガチャガチャで注文コインをゲット!

 注文はカウンターで行うキャッシュオンデリバリーシステム。店内では現金ではなく、専用コインを使って料理やドリンクと交換します。1回1000円のガチャガチャ式で、カプセルの中にコインは4枚~最大7枚ほど入っています。

 運試しから呑みが始まるというのも、童心をくすぐられる体験です。1円札を投入して、ガチャッとレバーを回しました。すると運よく金色のカプセルが出現! 約22個に対して、4個の当たりが入っているそうで、当たる確率は高く、今回は6枚のコインをゲットしました。

 サワー類やハイボールなどのドリンクは1コイン、生ビールと日本酒、焼酎などは2コインで注文できます。5杯分入りのピッチャーサイズ「みんなのサワー」は3コインで注文できるので、2コイン分お得に呑めるのもうれしいですね。

コスパも優秀な「ちょい呑みつまみ&お酒」が充実

 おつまみは1コインで注文できる商品が多く、基本の4枚でもドリンク2杯、料理2品で十分楽しめます。おすすめメニューは、「名物豚から 小」(1コイン)。カリカリの豚肉と濃い味の醤油タレが合う~。豚から1枚で、ハイボール一杯が消えていくほど、濃い味なところもお気に入りのポイントです。

 チーズがとろける「餃子グラタン」(1コイン)も人気メニューです。他にも、採算度外視の「本日の刺身」(1コイン)や「秘伝もつカレー」(2コイン)、韓国風エビの醤油漬け「カンジャンセウ」(2コイン)など、どれもこれも気になるおつまみばかりなのです。

 ドリンクなら紹興酒で作る「香港ハイボール」(1コイン)がおすすめ。紹興酒の香りと炭酸がしゅわしゅわっと弾ける感じがたまりません! 意外と合うのだなぁ、と感心した技ありの一杯です。

 2杯目に頼んだのがこちら。ガリをセルフサービスで入れて作る「ガリサワー」(1コイン)は絶対に飲んでおきたい一杯。底にたまったガリもつまみになっちゃうやつです。く~、たまりません!

 牛すじを煮込んだ大阪名物「特製ぼっかけ」も、同店ならではのメニューです。一般的なぼっかけとの違いは、トマトで煮込んでデミグラス風している点。これには日本酒を合わせたいなぁ、ということで日本酒(2コイン)も注文しました。

 お気づきかもしれませんが、6枚すべて使い切りましたので、ここでもう1度ガチャガチャの前へ。酒もつまみも気になるものばかりで、つい2回目も引いてしまいました。

 仕事終わりに一杯飲んで帰るという人も多いそうで、気軽に利用できるのも『呑りすけ』の良いところ。さらに余ったコインは持ち帰り可能で、次回も使えるシステムです。

 家呑みも良いですが、やっぱり居酒屋の雰囲気が好き。一人でしみじみ飲んでつまんで、明るいうちに帰るというのもスマートな飲み方かもしれませんね。こんなご時世だからこそ楽しみたい一人呑み。『呑りすけ』なら、一人呑みビギナーでも入りやすくておすすめです。

(撮影・文◎亀井亜衣子)

●SHOP DATA

呑りすけ 学芸大学店

住:東京都目黒区鷹番2-8-20
TEL:03-6452-3709
営:17時~(時短営業の際は、酒類の提供は19時まで)
休:月曜

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/8 10:50
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます