櫻井翔・広瀬すず『ネメシス』大誤算「豪華キャスト渋滞」で止まらない視聴者離れ

拡大画像を見る

 広瀬すず(22)と嵐の櫻井翔(39)がW主演を務めるドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)の第4話が5月2日に放送され、平均世帯視聴率が8.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だったことが分かった。

 第1話が11.4%、第2話が9.5%、第3話が8.9%と、放送開始前は期待のドラマとして注目を集めていたにもかかわらず、視聴率は回を追うごとにズルズルと低下している。

 同ドラマは、天才すぎる助手・美神アンナ(広瀬すず)と、ポンコツ探偵・風真尚希(櫻井翔)の凸凹バディが、探偵事務所「ネメシス」に舞い込む超難解な事件を次々と解決していくミステリードラマ。「ネメシス」の社長で探偵歴30年の大ベテラン・栗田一秋を江口洋介(53)が演じる。

 今回の事件は、エリート女子高であるデカルト女学院の美術教師・黒田秀臣(水間ロン/31)の転落死。学校側は自殺で片づけようとしたが、スクールカウンセラーの雪村陽子(村川絵梨/33)は他殺を疑い、犯人を突きとめてほしいと「ネメシス」を訪れて……という展開だった。

 視聴率低下の理由として考えられるのは、まず、濃いキャラの登場人物が多すぎるため、ごちゃついて見えることだろう。3人の探偵のほか、勝地涼(34)と中村蒼(30)が演じる神奈川県警捜査一課の“タカ&ユウジコンビ”だけでもクセが強いのに、チームネメシスのメンバーとして、毎回、個性的な新キャラが追加されているのだ。

■安易すぎるトリック

 第1話はスピード狂の医師・上原黄以子(大島優子/32)、第2話は超職人気質の道具屋・星憲章(上田竜也/37)、第3話は頭脳明晰な大学生・四葉朋美(橋本環奈/22)、今回はナルシストな天才AI開発者・姫川烝位(奥平大兼/17)が登場。これは、ドラマがにぎやかになる反面、キャラの説明シーンが必要になってしまい、ドラマの本筋が薄くなる危うさもある。

 さらなる問題点は、同ドラマのウリのひとつだったはずの謎解きだ。たとえば、黒田殺害の疑いをかけられた、2人の女子高生のアリバイを解くカギは、ベテラン用務員・井山の証言。鏡に映った12時30分の時計を11時30分に見間違いしたという、小学生でも簡単に解けそうなトリックだった。

 今回だけでなく初回から気になっていたことだが、同ドラマに仕組まれたトリックは、謎解きのプロである推理小説家が監修しているにもかかわらず、分かりやすい安易なものばかり。日曜日の夜に気楽にドラマを楽しみたい視聴者には良くても、考察や推理を好む視聴者には期待はずれだったのかもしれない。

 次回予告によると、無国籍料理人・リュウ楊一役で加藤諒(31)が登場し、その後もチームネメシスとして新キャラが追加されるらしい。総勢何人になるか分からないが、メンバーが増えるごとにキャラが渋滞し、それに反比例するように視聴率が下がっていかないか心配だ。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 5/8 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます