溺れる子象を助ける母親と仲間たち 象の群れが見せた美しい共存精神(南ア)

拡大画像を見る

南アフリカのハウテン州に住む写真家のウェズレイ・ウォルマランさん(Wesley Wolmarans、33)はドライブ中、川辺に象の群れを見かけた。群れはそれほど大きくはなかったが、その中にいた子象が水を飲もうと川辺に近づいた。子象は幼すぎるため大人のように鼻を使って飲むことができず、口から飲もうと顔を川に近づけたその時、バランスを崩して川に落ちてしまった。川は深く自力で上がることができない。それに気づいた母親の象が鼻を使って子象を引っ張り上げようとするが、子象は顔を水面に上げることすら難しい状況だ。そして濁った水の中に沈んでしまった子象を見てパニックになった母親は、鳴き声をあげた。するとその声を聞きつけた仲間がすぐに駆け寄り、子象を探し出した。

およそ5頭の象が駆け寄り、川に入ると足や鼻を使って子象を探し出し、無事に岸辺へと引き上げることができた。ウォルマランさんによると、救出された子象の目は怯えているようだったという。すっかり濡れそぼった子象の母親は、子象が川に近づかないよう歩かせ、周りの象も子象を守るように囲んでいた。

象の子供が深い川や流れの速い川に落ちて命を落とすことは珍しくない。それを防ぐため群れの年長の象らが常に若い象に目を向けており、群れで助け合えるシステムになっているそうだ。「子象が水面でもがいている時はもう助からないだろうとただ絶望していましたが、群れで助け出した瞬間は純粋に喜びが沸き上がってきました」とウォルマランさんは語っている。

画像は『The Mirror 2021年5月5日付「Elephant desperately tries to save her calf from drowning as he falls into river」(Image: Wesley Wolmarans / CATERS NEWS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

関連リンク

  • 5/8 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます