【スタバ新作】『さくらふわり ベリー フラペチーノ』は甘みあり、酸味ありでホッとする味わいのフラぺです

拡大画像を見る

ちらりほらりと梅が咲き始め、桜のつぼみも膨らんできた。もうすぐ春ですね。スターバックスは2021年2月15日より『さくらふわり ベリー フラペチーノ』などのドリンクの販売を開始。

毎年人気のさくら商品だ。今年も楽しみだなあと、さっそく飲んできたので紹介したい。優しい甘みと、ほんのりとした甘酸っぱさと、申し分なく春を感じる一杯だったぞ。

・ラズベリーの酸味が良い

『さくらふわり ベリー フラペチーノ(税別590円)』はベースのミルクに、ストロベリーソースやラズベリーパンナコッタを投入したドリンクだ。

ホイップの上には、さくらとバニラ風味のスポンジクラムにフリーズドライのストロベリーを合わせたものがトッピングされている。全体的に淡いピンクで可愛らしい。

さっそく飲んでみると、まず口に入るはパンナコッタ。ちゅるんとした舌触りがクセになる。ほのかに桜が香る優しい味わいと、何よりラズベリーの酸味が良い。

フニャっとした噛み心地のトッピングも、美味しい。いろいろな味がする。ガツンとパンチが効いているわけではないが、ホッとする味わいのフラペチーノだと言えるだろう。

・そのほか新商品がいろいろ

また『さくらふわり ベリー ミルク ラテ(450円~)』も同日発売だ。こちらはミルクでさくらストロベリーソースを溶かし、ホイップとトッピングを加えたもの。

ラズベリーパンナコッタが入っていない分、酸味が少なく、ソースのほっこりする甘さを存分に楽しめる。これはこれで美味しいな! 

そのほか、ホワイトモカにストロベリーピンクムースをトッピングした『ストロベリー ピンク ムース ホワイト モカ(460円)』も発売されている。このムースは、ストロベリー果汁にホワイトチョコレートを合わせて作られているらしい。

相変わらず、一度にいろいろ出し過ぎだろ!! と思いつつも、いずれも美味しそうなので良しとしよう。そして例によって、いずれも期間限定の商品。

『さくらふわり ベリー フラペチーノ』は4月13日、『さくらふわり ベリー ミルク ラテ』は3月16日までとなっている。いずれも材料がなくなり次第終了だ。みなさんも一足早く、春を感じに行ってみてはどうだろうか。

参考リンク:スターバックス さくらふわり ベリー フラペチーノ
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

関連リンク

  • 2/15 11:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます