高い目標を持った受験生のための1冊「高校入試数学の最強ワザ120」発売


かんき出版から、谷津綱一氏による「絶対に公立トップ校に行きたい人のための 高校入試数学の最強ワザ120」が、5月11日(火)に発売される。

高い目標を持った受験生のための1冊


「絶対に公立トップ校に行きたい人のための 高校入試数学の最強ワザ120」1,870円(税込)は、“高校受験でどうしても公立トップ校に行きたい”と考えている中学生のための受験参考書。その中でも、数学で得点を稼ぎたいという高い目標を持って、これから高校入試の学習を本格的に始める受験生に適した設定となっている。

点数の差がつきやすい関数や図形をメインに

同書は、全範囲を網羅するのではなく、点数の差がつきやすい関数や図形をメインとしている。

関数のほとんどは図形との融合問題であるため、関数を得意にするには図形の学習を並行して行うことが欠かせない。また、その図形には、小学校の知識の延長や発展させたものが含まれる。この部分は小中学校の教科書ではカバーしきれない内容のため、これらを体系的にまとめて、自己学習ができるようにしてある。

120の「ベスト解」を掲載

また、同書のポイントとなるのが「ベスト解」。「ベスト解」とは、その単元を考えるうえで必ず身につけてほしい重要事項の説明のことで、成り立つ理由も書かれている。同書には、120の「ベスト解」が掲載されている。


正しく解き、正解するための手順を解説し、アプローチの仕方をくわしく示しているので、近年増加している記述式答案の参考にもなる。「ベスト解→例題→解放」を1セットにして、理解できるまで繰り返し何度も読むことで、力がつくようになっている。

また、「別冊 解答・解説」では、「高校入試問題にチャレンジ」の解き方を解説。正解・不正解に関わらず、別冊の解法に目を通して、「ベスト解」の使い方を確認し、定着させ自分のものとしていくことができる。

「絶対に公立トップ校に行きたい人のための 高校入試数学の最強ワザ120」を読み、数学で高得点を取って第一志望校に合格することを目指そう!

画像をもっと見る

  • 5/7 18:11
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます