柏木由紀、WACKグループのエピソードやルールに驚愕!? EMPiRE、豆柴の大群、BiS、ASPとの対面動画公開

AKB48の柏木由紀が、EMPiRE、豆柴の大群、BiS、ASPとの出会いの模様を収めた動画を公開した。

4月9日(金)に“WACK所属の7グループに加入!”というプロジェクトを発表した柏木。

これまでにBiSH、PARADISES、GO TO THE BEDSの3グループとの対面の模様や、長年ともに活動をしているAKB48前総監督・横山由依との対談が公開となっていたが、今回はEMPiRE、豆柴の大群、BiS、ASPとの出会いの模様を収めた動画が解禁された。

まずはEMPiREが登場。激しく踊るという彼女たちに対して、柏木は“ダンスめっちゃ苦手なんですよ”と不安を示す。

するとダンスのコツについてMAHO EMPiREは“「私たちはカッコいい」っていうマインドだけです(笑)”、MAYU EMPiREはドヤ顔で踊りながら“顔で踊る”とコメント。

続いて、豆柴の大群が登場。恒例の挨拶でカメラ目線が定まらず、グループ紹介も“小学生みたいだ(笑)”と言われるなど、メンバーは早々に渡辺淳之介プロデューサーにツッコまれる。

また“罰ゲームを受けまくっているグループ”と紹介された彼女たちに、そのエピソードを聞くと、ミユキエンジェルが“クロちゃんの口臭を作って嗅がされたり”と発言。

これを聞いた柏木は“気持ち悪くなってきた……”と苦笑いした。

次はBiSと対面。“グループ内での決まりごとは?”という問いに、チャントモンキーが“ヲタサーの姫になるな”と答えると、柏木は爆笑。しかし、その意味の深さに感心する場面も。

その後、メンバーたちと並んだ際の自身との身長差に、柏木が“引率感ありません……?”と馴染めていないことへの心配を吐露。メンバーを改めて見て、“子どもたちに見えてきた”と、自分が保護者のようになっている感覚を口にした。

最後は、動画撮影時点(3月末)では完全に謎に包まれたグループのASP。目出し覆面の黒装束で、まったく話さないメンバーだが、インパクトは大。

対面した柏木は“誰とも目が合いません、何も伝わってこない”とコメント。約1分間の出会いは、コミュニケーション不能のまま終了した。

関連リンク

柏木由紀公式HP

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/7 20:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます