耳かきで失敗した娘 病院で医師から注意された後?

拡大画像を見る

大人がちょっと目を離した隙に、子供は予想外な行動を取ります。

5歳の娘さんを育てている、きくまき(@kikumaki00)さんは、ドキッとしたエピソードを漫画化しました。

ある日、耳かきを見つけた娘さんは、大人のマネをして自分1人で使ってしまい…。

力加減が分からないまま耳かきを使い、耳の穴を傷付けてしまった娘さん。幸い鼓膜は無事で、医者から注意を受けて反省もしたようです。

処方されたのは、耳に入れる液体の薬。子供によっては嫌がり、「点耳させてくれない」などひと騒動あるかもしれません。

しかし、娘さんは大人しく点耳を受け入れ、毛布の中で眠ってしまったのでした。

ホッとするオチの漫画に、「ありがちです!大事に至らなくて本当によかった」「薬を嫌がらなくて偉い!」など温かなコメントが多数寄せられています。

子供は大人のマネをしたがるもの。すべてを予測することは不可能ですが、子供の手の届く範囲にある物には注意したいですね。

きくまきさんの単行本が発売中!

娘さんや猫のそむちゃんとの愉快な日常を描いた単行本『娘が可愛すぎるんじゃ~!』と、『タレ目猫そむが可愛すぎるんじゃ~!』がそれぞれ発売中です。

また、絵本『まりもとぼく ゆうきのいっぽ』も発売中です。

気になった人は、ぜひチェックしてみてください!

[文・構成/grape編集部]

出典 @kikumaki00

関連リンク

  • 5/7 18:50
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます