鷲見玲奈、ノースリーブは勝負服!?“Gカップ”に「ノビシロあり」の指摘

拡大画像を見る

 元テレビ東京でフリーアナの鷲見玲奈の勢いが止まらない。

 鷲見は4月29日、自身の誕生日月である5月発売のカレンダー「鷲見玲奈Birthday Calendar 2021.05~2022.04」を発売したが、5月1日には自身のツイッターにて発売2日で完売となったことを伝えている。

「カレンダーとはいえ、68ページのボリューム。発売前の4月26日にはインスタで告知とオフショットをアップしており、ツヤツヤの美脚やヒップラインを披露。その際の大反響ぶりが、そのまま売上にもつながったようです」(芸能ライター)

 そのオフショットでは見られなかったものの、鷲見と言えば最大の魅力は推定Gカップとも言われるバストだろう。

「発売日当日にもインスタの動画で告知をしていたのですが、その際にはノースリーブのニットで圧巻のバストラインを披露してくれましたね。自身でカレンダーをめくりながら『68ページの大ボリューム!』と紹介していましたが、フォロワーはむしろ胸のボリューム感に改めて驚かされていたようです」(ネットウオッチャー)

 そんな彼女は4月16日放送の「松本人志の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)で、テレ東時代にピッタリした衣装を着ていたことに「胸を強調したいから」と指摘されたことについて否定し、あくまで「痩せ見えしたかっただけ」と発言はしていたが…。

「4月から始まった競馬番組『トリプルエレメント~馬に魅了された者たち~』(フジ系)で司会を務める鷲見は、元プロ野球選手で馬主でもある佐々木主浩氏との対談でも、これでもかというほどバストを強調したノースリーブを着て登場。どうやら、このノースリーブ姿は彼女の中での勝負服のようですね(笑)。3月のインスタではトレーニング動画をアップし、『食トレで体重を増やしつつ』お腹とヒップを引き締めていくことが『当面の目標です』として、すでに体重が3キロ増えたことを明かしていますが、増えたお肉がバストにも回っている可能性が高く、それを狙った体重増とも思えます。今や局アナ時代とは違い、最大の武器である胸の強調に専念しているということでしょう」(女子アナウオッチャー)

 トレーニングの成果によっては、まだGカップのノビシロが拝めそうだ。

関連リンク

  • 5/7 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます