セカンドレグ敗戦も”貯金”でEL決勝進出…マンU指揮官「素晴らしい気分だ」

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナ―・スールシャール監督がローマ戦を振り返りコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。

 マンチェスター・Uは6日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグでローマと対戦。ファーストレグを2-6で先取し余裕をもって迎えたセカンドレグでは、エディソン・カヴァーニが2ゴールを挙げたものの試合は2-3で敗れた。

 2戦合計で8-5と“貯金”で決勝進出を決めたマンチェスター・U。スールシャール監督は「素晴らしい気分だ。我々はオールド・トラッフォードで実に素晴らしいハーフを過ごし仕事を遂行したから決勝にすすむことができた。だが今日の敗戦は残念だよ。どんな試合にも負けたくはないし、特に今日のような負け方はね」と振り返り、「このような試合はオープンになりがちだ。両チームともにチャンスがあり、6-6、8-6になってもおかしくない、不思議な展開の試合だったね」とコメントした。

 チームのパフォーマンスに満足している様子を見せたスールシャール監督は「彼らにボールを握らせ続けていたし、嫌な位置でボールを失うことが多かったが、幸いにも我々には世界最高のゴールキーパーに、前線でゴールを狙い続ける9番がいる。エディとダヴィド、2人の今日のパフォーマンスは素晴らしかった」と中でも2ゴールのカヴァーニ、さらに守護神ダヴィド・デ・ヘアを名指しで称賛した。

 また、決勝で当たるビジャレアルについても言及。改めて気を引き締めている。

「アーセナルを破ったのだから、簡単な試合にはならない。決勝戦に進出するチームはどこも良いチームだ。難しい試合になると思うけど、私たちは楽しみにしている。これこそ望んでいたことだよ。つまり、シーズンの終わりにトロフィーをかけて決勝を戦うということだ。準決勝で4回も負けていたけれど、ついに決勝に行けたんだ」

「ビジャレアルの分析を始めなければならない。もちろん今も彼らを少しは見ていたけどね。多少は知っているが、決勝に向けて準備している。決勝は一度きりだ。準決勝セカンドレグはいつも難しいがファイナルはファイナル。なにが起こるかはわからないがしっかりと準備するよ」

関連リンク

  • 5/7 11:34
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます