菅田将暉『コントが始まる』視聴率ダウンが止まらない「致命的」欠陥

拡大画像を見る

 俳優の菅田将暉(28)主演のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)の第3話が5月1日に放送され、平均世帯視聴率が7.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だったことが分かった。

 第1話と第2話は8.9%から8.6%と、0.2ポイントのわずかな減少で踏みとどまっていたが、今回は1.1ポイント減で低視聴率ドラマへの危険水域に近づいてきている。

 同ドラマは、20代の男女5人の生きざまを描く群像劇。菅田将暉、仲野太賀(28)、神木隆之介(27)の3人が売れないお笑いトリオ・マクベス、有村架純(28)がファミレスの店員・里穂子、古川琴音(24)がその妹・つむぎを演じる。

 ドラマは毎話、“前フリ”として1本のショートコントから始まり、それは本編の伏線として回収されていく。今回のコントは「奇跡の水」と題し、ある奇妙な水にハマってしまう兄と、それに巻き込まれる弟の、あまり笑えないコントが披露された。

 本編では、里穂子と春斗(菅田将暉)の過去が明らかにされる。里穂子は結婚を考えていた彼氏に捨てられ、その後、会社で取引先とのトラブルに巻き込まれ、その責任を負わされる状況に。トラブルがひと段落した日に辞表を提出すると、そのまま昼から酒を飲んで酔いつぶれた。

■それぞれのエピソードは良いが…

 そして、酔った勢いでパソコンが入ったカバンを川に投げ捨てると、そのまま自宅に引きこもってしまう。つむぎが心配して部屋に入ると、里穂子は一週間風呂に入らず、まともな食事をとっていない、廃人寸前になっていたという。

 一方、春斗には実家の部屋に引きこもっている兄・俊春(毎熊克哉/34)がいる。非の打ちどころのない順風満帆の人生を歩んできた兄だが、4年前、突然、怪しい“幸福の水”のマルチ商法にハマったことから人生に挫折したという。

 春斗がコント師の道に進めたのは、しっかり者の兄がいてくれたおかげで、マクベス結成の頃から一番応援し、理解してくれていたのも兄だった。そのため、春斗は、自分も兄を追い込んでしまった一端を担っていると感じていた。

 里穂子と春斗、それぞれの独白で語られるエピソードは、涙を誘う切なさがあるものの、笑ってしまう面白さもあり、冒頭のコント「奇跡の水」から伏線が回収されていくごとに、気づきの快感も得られる、良質な悲喜劇の回だった。

 それなのに、視聴率が伸び悩んでいる理由は? 考えてみると、これまで5人の過去のエピソードが面白切なく描かれている反面、マクベスの解散宣言以降、話が進んでいないことが思い当たる。それが、見終わったあとのモヤモヤした違和感に繋がっているのだ。

■次回も視聴率回復はムリ?

 また、“前フリ”からの“伏線回収”を前面に出した脚本と演出も鼻につき始めてきた。“伏線回収”の展開はドラマの魅力だが、あくまでもストーリーが進んだ結果であり、“伏線回収”前提でドラマを描いてしまうと、本筋が弱くなってしまう。

 第4話の予告動画によると、次回は春斗らの高校の担任だった真壁(鈴木浩介/46)が登場し、高校時代のマクベスの3人について語られる。そして、瞬太(神木隆之介)とつむぎの過去が明らかになるらしく、次回も今回同様、現在に至るエピソードが語られ、ストーリーは前進しないようだ。

 潤平(仲野太賀)の恋人の奈津美(芳根京子/24)も含め、20代の男女6人が登場するのに、これからも恋模様が盛り上がったり、キュンなシーンには期待できないのだろうか? 熱心な視聴者以外から「もういい。自分向けではなかった」と、見放されてしまわないか心配だ。(ドラマライター・ヤマカワ)

関連リンク

  • 5/7 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます