吉瀬美智子、離婚と同時に「社長退任」していた!!「金の切れ目が…」!?

拡大画像を見る

「突然のご報告になりますが、私、吉瀬美智子は、離婚いたしましたことを報告させていただきます。話し合った結果、今後は別々の道を歩んでいく結論に至りました」

 4月7日、女優の吉瀬美智子(46)が離婚したことを自身のツイッターで発表してから約1か月が経った。

 吉瀬は2010年に10歳年上の実業家の男性と結婚。2人の子どもが生まれてからは、吉瀬が仕事をセーブするなど、誰もがうらやむセレブ婚だと思われたが、結婚生活は11年で終止符を打った形となる。

 4月15日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、吉瀬の元夫のA氏について報じている。

 A氏は調理師学校を卒業したのちにフランスで修業をしたという元料理人で、90年代のラーメンブームの火付け役ともなった「光麺」を創業。ピークのときには年商20億円を売り上げ、2003年には美容室、ネイルサロン、モデル事務所などを経営するコンサルタント会社も立ち上げている。

 2018年には光麺の経営からは離れたものの、その後も有名人が通う美容室、焼き鳥店、寿司店などを経営し、吉瀬とは家賃100万円ほどの高級マンションに暮らしていたという。

「しかし、100%株を持っていた飲食事業を行う会社をコンサル会社のG社に買収されたほか、昨年7月には東京・青山で経営していた美容室がスタッフごと別の会社に引き継がれたといいます。

 また、A氏はG社の子会社の社長に就任したものの、株式は保有しない“雇われ社長”で、ほとんど会社に出ることはなく、自宅で新たなビジネスに取り組んでいると『週刊文春』では報じています」(芸能記者)

■結婚直後に元夫と設立した会社の代表取締役に

 芸能プロ関係者が話す。

「実は、吉瀬も離婚のタイミングで“社長”から退任しているんです。というのも、吉瀬はA氏とともに『株式会社S』という個人事務所を兼ねた会社を立ち上げていたんです」

 S社は2011年10月に設立されており、登記簿の会社の設立目的には「飲食店の経営」「美容室、ネイルサロン、マッサージ店、エステティックサロンの経営」「広告代理店」「芸能プロダクションの経営」などと記載されているという。

「他にも『旅行代理店』や『コンピューターソフトの開発、販売』など、多岐にわたった事業が記載されています。吉瀬がA氏と結婚したのは2010年12月ですから、その約1年後にS社を立ち上げたということですよね。

 代表取締役を吉瀬、そしてA氏と吉瀬の親族が取締役を務めていました。ところが、今年3月12日に吉瀬と、彼女の親族が取締役を辞任し、A氏が代表取締役に就任しているんです。

 3月の段階で吉瀬とA氏が離婚することが決まって、離婚のタイミングで吉瀬がS社からも身を引いたということでしょうね」(前同)

■離婚原因は“お金”!?

 吉瀬は広末涼子(40)、戸田恵梨香(32)、有村架純(28)など、有名女優が多数在籍する大手芸能事務所に所属しているが、

「大手事務所に所属しつつ、節税対策や個人のビジネスを展開するために個人事務所を兼ねた会社を立ち上げている芸能人は少なくありません。吉瀬も実業家の夫とともに、さまざまなビジネスを展開しようとしていたのでしょう。ところが、ビジネス経験豊富なA氏と離婚することになって、芸能以外のビジネスに携わることもやめたのではないでしょうか。

 離婚が発表された当初は、なぜ吉瀬とA氏と別れることになったのか、真相がなかなか見えてきませんでした。しかし、“金の切れ目が縁の切れ目”ではないですが、『週刊文春』が報じているA氏のビジネスが縮小したことが大きな原因の1つなのかもしれませんね。もしA氏に負債があったり、今後生じるのならば、夫婦で、会社も共にやっていれば、吉瀬の身にも降りかかってきますからね……」(前出の芸能プロ関係者)

 離婚を経て、吉瀬は女優としてさらなる飛躍をすることはできるのだろうか――。

関連リンク

  • 5/7 7:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます