新宿駅でベビーカーのシェアリング「Share Buggy」の実証試験を実施!


小田急電鉄と、ベビー用品レンタル・販売サービスを運営するBabydoorは、5月7日(金)~31日(月)の期間、小田急電鉄新宿駅でベビーカーのシェアリングサービス「Share Buggy」の実証試験を実施する。

同実証試験は、自宅からベビーカーで電車移動することがたいへんな利用者や、移動先で子どもを抱っこ紐で抱えて買い物することなどに負担を感じている利用者に、シェアリングサービスによりベビーカーを持参せずに気軽に外出し、駅周辺施設などを楽めるよう、新宿駅西口地下の改札口付近にベビーカー借用・返却用の「専用ポート」を設置するというものだ。

クレジット決済で1時間220円から利用可能


「Share Buggy」のベビーカーは、専用アプリにより始発から最終列車の時間まで利用可能で、クレジット決済により1時間220円から利用できる。専用アプリ内の開錠ボタンで専用ポートを開錠すれば、ベビーカーを使用できるようになっている。返却方法も同様。貸し出し台数は6台。

今回は、需要や清掃方法に関して実証し、同展開に向けた課題を確認する。小田急電鉄は、Babydoorが提供するベビーカーシェアリング事業「Share Buggy」を活用することで、「安心」「便利」「快適」に利用できるサービスの提供を目指していくという。

画像をもっと見る

  • 5/6 18:09
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます