「いや、ないわ~」男が嫌いな【女性の言葉】の共通点

拡大画像を見る


男性との会話中に使う言葉によっては、男性から不快に思われてしまうことがあるようです。なるべく不快感を与えない言葉を使って、会話を楽しみたいですよね。女性のどのような言葉に対して、男性が嫌な気持ちになるのかをチェックしていきましょう。


「SNSにあげるから写真撮ろう」

男性のなかには、SNSを意識しすぎている女性が嫌いという人がいます。きれいな景色や食べた料理、遊びに行った先全てで「写真を撮ろう」と言っていると、男性はうんざりしてしまうかもしれません。SNSに載せるためにデートしているのかな、と思われてしまわないように注意しましょう。


「でもさー」「いや違う」否定ばかり

会話をしていて、いつも否定から入る人は避けられがちです。男性も同じように「いや・でも」ばかり言っている女性には不快感を覚えるようですね。相手の話を否定してばかりいると、男性は何を話しても否定してくると感じて、何も言ってくれなくなるかもしれません。まずは相手の話をいったん受け止めてから、自分の意見を言えるようになりたいですね。


やたらと略語を使う

略語は便利な反面、男性に冷められてしまう場合があるようです。たとえばなるべく早くしてほしいときに「なるはやで」と言ったり、LINEでは了解を略して「り」と表現したり。分かりにくいと感じる人もいれば、社会人になってそれはどうなのかと感じる人もいるようですね。


ギャル語が頻繁に出てくる

ギャル語を使う女性もいるのではないでしょうか?たとえば「まじで」「うざい」「じゃね?」といった言葉は、男性に品がないと感じられてしまうことがあるようです。友達の前で使うのみにとどめて、男性の前では控えるようにしたいですね。
男性が嫌いな【女性の言葉】の共通点についてご紹介しました。ウケの悪い言葉を使わないようにして、男性との距離をうまく縮めていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/6 21:05
  • ハウコレ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます