木村拓哉「オーラが見えた」、中島健人「できない」!NEWS加藤&小山の「J暴露」

拡大画像を見る

 4月30日からスタートした『NEWSの全力メイキング』に千鳥の大悟(41)がゲスト出演した。この番組は、DIY初心者のNEWSの小山慶一郎(37)と加藤シゲアキ(33)が「ゼロから作ったら面白そうなモノ」をゲストと作りながらトークを繰り広げるバラエティ。

  大悟の登場に、加藤は「意外だ」「ほぼ初対面じゃない」と驚いていたが、大悟のほうも「ワシもだいぶ意外よ。最初話が来たとき最初“なんで?”って言ったもん」「いまだによう分かってない」と笑った。

 今回3人は、パレットという荷物を載せる木製の台を使ったヴィンテージチェア作りに挑戦した。四苦八苦しながら作業を進める中、大悟がジャニーズではKAT-TUNの上田竜也(37)と交流があると告白。加藤と小山が「ええ! そうなんですか」「上田くんと何話してるんですか?」とびっくりすると、大悟は「上田と話してる内容はあまりテレビでは言えんのとちゃうか」と答え、2人を笑わせた。

 大悟と上田は、月1程度飲みに行く仲間で、2020年に『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に大悟が出演した際、上田は大悟を「兄やん」と呼び、「家族の兄ちゃんみたいな感じ」と慕っていると明かしていた。

 また大悟は、「誰から“さん”?」とジャニーズ内での先輩の呼び方について質問。小山は「実際に会ったら“さん”になっちゃう人いません?」「木村くんって呼んでいても、木村拓哉さんが目の前に来たら木村さんじゃないですか」と、木村拓哉(48)について本人がいないところだと“くん”呼びだが、目の前にいれば番組中でも“さん”と呼んでしまうと明かした。

 また「勝てない」と思う後輩について、加藤と小山は「ケンティすごいね」とSexy Zoneの中島健人(27)の名前を挙げ、小山は中島の王子様のような立ち振る舞いを「同じ畑のはずなのに、やっぱできない」と脱帽。加藤も「振り切ってる」と称賛し、小山は「ここで投げキッスしてとか言われたら平気でできるじゃないですか」「ターンしてチュッとかできるんですよ」「彼はキラキラキラって」とうなずき、「それが中島健人で成立してるもんね」としみじみと語った。

■「ずっと木村さんのターン」

 すごい先輩については、加藤が木村の名前を挙げ、以前木村が演じた舞台『モダンボーイズ』の役を加藤がやることになり、その報告のため木村のもとを訪れた際のエピソードを披露。加藤は「もう20年以上やってるから、そんな緊張するタレントさんなんていないって思ってたんですけど」と切り出し、「本当に震えました、手が」「オーラが見える」と木村に萎縮したことを告白。

 加藤は事前に「情報解禁で知られるのも失礼かと思いまして」と木村に伝えるあいさつの内容を台本のように考えて行ったが、加藤が口を開く前に木村から「やるんでしょ?」と言われ、「もう台本が壊れたわけですよ、その瞬間に」と振り返った。加藤は、「もう何を相手が言うか待ちなんですよ」「もうずっと木村さんのターン」「ボールくれないから」と苦笑い。大悟に「いや、くれてるよ」「おまえがグローブ出してないだけよ」とツッコまれていた。

 加藤は、舞台『モダンボーイズ』の4月の初日公演前の会見で木村について、「ジャニーズ事務所に入るきっかけとなった先輩の一人」と語り、同じ役を演じられることを喜んでいた。

 加藤、小山が明かしたエピソードに、視聴者は「木村くん、大きな存在だよね」「コヤシゲにすごいと言われる中島健人さん」「頭の中で作って行った台本、総崩れになったシゲちゃん想像したらかわいすぎて頭抱える」「いつの日か木村拓哉先輩を呼んでください! コヤシゲがどうなっちゃうのか見たいw」と盛り上がっていた。

 いつか、木村や中島の番組出演もあるかも!?

関連リンク

  • 5/6 16:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます