岡田結実、“共演NG”の父・岡田圭右は「キモい」!? 『さんま御殿』での発言が「言いすぎ」「すごい文句」と批判

拡大画像を見る

5月4日に放送されたバラエティ番組『踊る! さんま御殿』(日本テレビ系)に、女優・岡田結実が出演。実父であるお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右に対して「キモい」と言う場面があり、ネット上で物議を醸している。

 この回は、「浪費家VS倹約家 大激突SP」と題して、“浪費家”もしくは“倹約家”を自認する芸能人たちが出演。「自分でもちょっと変だと思う私の金銭感覚」というトークテーマの中で、視聴者の「家族に倹約を強いる一方、会社の後輩には気前よくおごってしまう」という投稿が紹介されると、結実は「こんな旦那さん絶対嫌だ」とコメントしていた。

「MCの明石家さんまから『あんな旦那は嫌だ言うたな?』と確認された結実は、『絶対に嫌です。芸人さんとかもそうじゃないですか。うちの父もすごいそうだった』と、圭右が倹約を強いるタイプだったと告白。『それが本当に嫌いで。キモいって思っちゃいます、正直』と、不快感をあらわにしていました」(芸能ライター)

 それを聞いたさんまは「娘ってそうなの? 俺も娘にキモいって思われてんのか」と、自身もタレント・IMALUを娘に持つことから、ショックを受けた様子。その後、「でも、それは教育やんか?」「甘やかしたら、ロクな子に育たへんとかやな」と倹約を求める“父親側”の気持ちを代弁していたが、結実は「ちゃんと育ったと思うんです。厳しくされても、ゆるくされても」と反論。これにさんまが「お前、結構ロクでもない子やで」と返し、スタジオは笑いに包まれた。

「結実の発言について、ネット上では『これはロクな父親じゃないな……』『自分が家族だったら“なんで?”って思う』などと共感する声もありましたが、『親に対して“キモい”は言いすぎじゃない? テレビなんだし、もうちょっと言い方があったでしょ』『親のおかげで芸能界に入れたのに、すごい文句言うね』といった批判もあり、賛否両論となっています」(同)

 圭右は、元芸人の岡田祐佳と1995年に結婚したものの、2017年に離婚。19年に一般女性と再婚し、20年に男児の誕生が報じられている。

「一方の結実は、昨年6月放送のバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際、圭右の再婚を『ネットニュースで知りました』と告白。その3分後、圭右から『びっくりさせたな、ごめんな』とメールが来たそうですが、『なんだコイツ』と思ったとか。『さんま御殿』と同じく、かなりキツイ言葉で批判していたんです」(同)

 ちなみに、結実は「一緒に出ると、頼るから」という理由で、圭右側から“共演NG”にされているそう。目の前にいないからこそ、ここまで強気な発言ができるのだろうか。

  • 5/6 10:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • まる☆

    5/26 12:49

    親子だから言えるんだろうけど公共の電波で言うことじゃない。品がないこと露呈してる。そんな暇があればもっと自分磨いたら?肌も汚いし、色も黒くてテカってる。アップに耐えれてないよ

  • ずいぶんとエラくなったもんだねぇ…

記事の無断転載を禁じます