彼氏から記念日でもないのにプレゼントを贈られた女の子の本音9パターン

「女の子はサプライズに弱い」と信じている男性は少なくありません。しかし本当に女の子はそこまでサプライズ好きなのでしょうか? そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者に聞いた、「彼氏から記念日でもないのにプレゼントを贈られた女の子の本音9パターン」を紹介します。

【1】「えー、マジで!」と素直に嬉しく思う
「ビックリするけど、ラッキーって感じ!」(20代女性)など、タナボタ的なプレゼントに喜びを感じる女の子が多いようです。つき合いがマンネリ気味になっている人は、思い切ってサプライズプレゼントを実践してみるとふたりの間に新しい風が吹くかもしれません。

【2】「まさか誰かと誕生日を間違えてんじゃないかな?」とマイナス思考を発動する
「私の彼氏、気が利くタイプじゃないから…」(30代女性)など、疑いの眼差しを向ける女の子もいるようです。初めて実践する場合は、「ちょっと驚かせたくて…」とプレゼントを渡したあとにサプライズ演出であることを説明したほうがいいかもしれません。

【3】「何か私に頼みにくいことでもあるのかな…」と心配する
「人をモノで釣る気なのかなと思う」(30代女性)など、頼みごとを隠していると思われる場合もあるようです。誤解を生まないためには、「ただ単純に、君にすごく似合うものを見つけたから」などと、彼女を喜ばせたい一心であることが伝わる一言を添えてみましょう。

【4】「どんな顔してたんだろう…」とプレゼントを選ぶ姿を想像してニヤニヤする
「向こうも私のリアクションを想像してニヤニヤしてたはず(笑)」(30代女性)など、彼氏の心境を想像して悦に入る女の子もいるようです。サプライズを思いついてから実行するまでの過程を面白く話せるようにまとめておくと、もうひとつのプレゼントになるかもしれません。

【5】「臨時収入でも入ったのかな?」と男性に幸があったと想像する
「競馬で勝ったとかでしょ、きっと」(20代女性)など、思わぬ幸運のお裾分けと想像する女の子もいるようです。サプライズ演出が一発当てた程度にしか思われないのは、日頃の愛情不足が原因かも。彼女の反応を真摯に受け止め、これまで以上に愛情を示すよう努力しましょう。

【6】「ついにプロポーズ!?」と結婚の決意をしてくれたと感じる
「開ける前に大きな期待をしちゃう♪」(20代女性)など、結婚願望を爆発させる女の子もいるようです。日頃から彼女に結婚のプレッシャーをかけられている人は、「指輪じゃない…」とガッカリされる恐れもあると覚えておきましょう。

【7】「一緒にいないときも自分のことを考えてくれたんだなぁ」と愛を感じる
「いつでも私を想ってくれていることが嬉しい」(10代女性)など、彼氏の絶え間ない愛情に感動する女の子もいるようです。忙しくて彼女に寂しい思いをさせていても、突然のプレゼントで「仕事のときも自分のことを考えてくれた!」と機嫌を直してくれるかもしれません。

【8】「きっとやましいことがあるんだ」と邪推する
「どうせなんか謝ってくるんでしょ」(20代女性)など、完全に「お詫びの品」と考える女の子もいるようです。どうしても疑われるようであれば、「今後デートに遅刻しても、これで許してね」などと、プレゼントを将来的な「お詫びの品」としてしまうのはいかがでしょうか。

【9】「嬉しいけど、私も何かしなきゃ…」とプレッシャーを感じてしまう
「本心としては高いモノは受け取りづらい」(30代女性)など、大きな借りを作ってしまうと感じる女の子もいるようです。「こないだ料理作ってもらったお礼だよ」となんでもいいので理由をつけてあげると、女の子も安心できるかもしれません。

ほかに「彼氏から記念日でもないのにプレゼントを贈られた女の子の本音」はありますか。みなさんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/6 12:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます