“いまだ独身”竹野内豊「もう、すごい多いですよ」老いの影!「親近感」の 声も

拡大画像を見る

 4月28日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、竹野内豊(50)が6年ぶりに登場した。国分太一(46)に「僕ら会社を作ったの知ってます?」と聞かれた竹野内は「会社?」とキョトン。国分が「株式会社TOKIOっていう会社を作ったんです」と説明すると、竹野内はようやく「ああ、それはもちろんもちろん」とマイペースにうなずいていた。そんな竹野内に、TOKIOとオアシズがさまざまな質問をぶつけていった。

 城島茂(50)は、「ヒゲをはやしてるイメージがあって。そのこだわりってあるのかなと」「あとヒゲをはやしたきっかけとか」と、竹野内のダンディなヒゲについて質問。竹野内はヒゲをはやしたきっかけについて、木村拓哉(48)の主演ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)を挙げ、「セリフの中でアニマル真二って、山口智子さんの弟役で」「“アニマル”って言われてたんで、単純に自分の中でヒゲがもじゃもじゃなイメージがあったんですけど、それが最初でしたね」と役作りのためにはやしたと告白

 竹野内と同い年の城島が「ヒゲに白髪が入ってたりとか、混じってたら自分でもショックなのかなって一瞬思うんやけど」と語ると、松岡昌宏(44)は「俺ももう3分の1ぐらい白髪だよ」と反応。竹野内も「もう、すごい多いですよ」と笑い、本番前にメイクさんがカバーしてくれたと明かした。

■松岡「全部言わなくていい」

 包み隠さずなんでも話してしまう竹野内に、松岡は「全部言わなくていいの!」とツッコんだが、国分太一(46)は「うれしい情報」とニンマリ、オアシズの光浦靖子(49)も「なんか親近感!」と大喜びしていた。

 竹野内とTOKIOのやり取りに、視聴者からは「ロンバケがきっかけなのか」「竹野内豊さんのヒゲは素晴らしいよね」「ヒゲがあるとさらに好きがましましに」「竹野内豊でも50歳にもなると白髪が交じるか」「タケさまに親近感倍増」「竹野内豊ならヒゲに白髪混じってたってかっこいいよ」「白髪あったほうがよりダンディかも」「TOKIOの食いつき方がヤバいw」など、さまざまなコメントが上がった。

 50歳になった竹野内だが、現在まで独身を貫いている。2014年には17歳年下の倉科カナ(33)との交際が発覚、結婚間近とも噂されたが2018年には破局が報じられた。

 2014年当時、ウェブメディア「ORIOCON NEWS」のインタビューで、竹野内は「気づいたらこんな歳(当時43歳)になっていたので、今さら『結婚したいです!』と声を大にしては言えない」と結婚に慎重な姿勢を見せていた。今の年齢になって、もしかするとさらに結婚願望は薄くなっているかもしれないが、竹野内なら周囲の女性が放っておかないはず!

関連リンク

  • 5/6 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます