サウサンプトンに朗報…DFヴェステルゴーア、レスター戦のレッドカードは取り消しに

拡大画像を見る

 サウサンプトンは5日、デンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーアのレッドカードが取り消されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 ヴェステルゴーアは4月30日に行われたプレミアリーグ第34節レスター戦(1-1)に先発出場。しかし10分、ペナルティエリア手前でボールコントロールが大きくなったところを相手FWジェイミー・ヴァーディに狙われると、伸ばした足でヴァーディの左足首を踏んでしまう。ヴェステルゴーアはヴァーディよりも先にボールに触っていたが、決定機の阻止(DOGSO)とみなされ、一発レッドカードで退場となった。

 サウサンプトンはイングランドサッカー協会(FA)に対し、ヴェステルゴーアのレッドカードと出場停止処分を取り消すよう求めていた。FAの審査を経て同クラブの申し立ては受け入れられ、同選手に科せられていた1試合の出場停止処分は取り消された。

 ヴェステルゴーアは、8日に行われるプレミアリーグ第35節リヴァプール戦への出場が可能となった。なお、リヴァプールからサウサンプトンに期限付き移籍で加入している南野拓実は、リーグの規定により同試合に出場することはできない。

関連リンク

  • 5/5 23:49
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます