成功率が上がるかも♡【告白するとき】に気を付けるべきことって?

拡大画像を見る

好きな人に意を決して告白する時、ただ単純に「好きです」と伝えるよりももっと効果的に気持ちを伝える方法があります。告白にはシチュエーションや言葉選びなど気をつけるべきポイントがたくさんあるのです。
そこで今回は告白の成功率を上げるために気をつけたいポイントを4つご紹介していきます。


どうして好きになったのかを伝える

どうしてその人を好きになったのか、いつから好きなのかなど具体的に伝えると良いでしょう。好きな気持ちを伝えるときに、ただ「好きです」よりも、「この時にこうしてくれたからその時から好きです」の方がより気持ちが伝わりやすいです。
改めて好きになった理由を口に出して言うと、恥ずかしさもあるでしょう。しかしその恥ずかしさがあなたの本気さを感じさせてくれるのです。


「好きです」だけでなく「付き合ってください」も

告白と言えば「好きです」が一般的ですよね。もちろん気持ちを伝える為に「好き」と伝えるのは一番重要な言葉です。
しかし、何のために告白をするのか考えてみてください。好きな人と付き合いたい、恋人になりたいと思うからですよね。ですから「好きです」の後には必ず「付き合ってください」もプラスしましょう。こうすることで、ただ好意を伝えるだけでなくお付き合い交渉ができるのです。


告白のタイミングはデートの帰り際

告白の成功率を上げたいのならタイミングも大切です。今日告白しよう!と言われても決めているのであれば、デートなどの帰り際がベスト。
「今日は一日楽しかった」という一日の振り返りをしながら、話を切り出すと自然です。一緒にいるとこんなにも楽しいということを実感してもらいながらの告白は効果絶大です。


告白の雰囲気を作る

タイミングと共に大切なのが雰囲気作りです。ロマンチックな雰囲気やドキドキするようなシチュエーションが一番ですが、なかなか難しいこともあるでしょう。
真剣な話であることを伝えるためにも、空気を落ち着かせることも必要です。ガラッと変わる雰囲気に、期待や緊張がまじり最高の告白シチュエーションが完成します。この雰囲気を作るだけで真剣度がより伝わり、成功率もアップするでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?ただ「好き」と伝えるだけが告白ではありません。その場の雰囲気や言葉選びも重要なポイントです。これを意識するだけで告白の成功率がグンと上がること間違いなし!ぜひ試してみてください。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/5 22:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます