檀崎竜孔が劇的決勝点! 後半AT4分に今季7点目、ブリズベン・ロアーの逆転勝利を演出

拡大画像を見る

 ブリズベン・ロアーに所属するMF檀崎竜孔が、今季7点目を挙げた。

 ブリズベン・ロアーは、5日に行われたAリーグでウェスタン・ユナイテッドと対戦した。60分に先制を許したブリズベン・ロアーは、72分に追いつく。79分にセットプレーから迎えたピンチをしのぐと、82分には逆転の1点を挙げたかに思われたが、これはVARでハンドが確認されて取り消しに。

 1-1のまま迎えた後半アディショナルタイム4分、檀崎は味方からの浮き球スルーパスに反応。ペナルティエリア左に抜け出すと、右足でニアのゴール左下隅に流し込んだ。檀崎の得点が決勝点となり、ブリズベン・ロアーは2-1の逆転勝利を収めた。



 現在20歳の檀崎は、昨年11月に北海道コンサドーレ札幌から2021年6月30日までの契約でブリズベン・ロアーに期限付き移籍で加入している。昨年12月29日にデビューを果たし、1月20日に加入後初得点をマーク。ここまで18試合に出場し、7ゴールを記録している。

関連リンク

  • 5/5 20:40
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます