みんな大好き!映画ドラえもん作品の一覧紹介

拡大画像を見る

皆さん、好きなアニメ映画はありますか?いろいろな作品がありますが、「映画ドラえもん」シリーズはみなさん知っているのではないでしょうか。今回はそんなみんなが大好きなドラえもんの映画作品を、年代別に一挙紹介いたします!今年公開予定の映画も見逃せませんよ〜!

1980年代〜

SHANGHAI, CHINA - JULY 14: (CHINA OUT) A young boy plays in the Doraemon Theme Park at Shanghai East Asia Exhibition Hall July 14, 2007 in Shanghai, China. The theme park involves cartoon shows, photography, amusements featuring the story of Doraemon. Doraemon, a blue mechanical cat, is a cartoon figure that first appeared in a popular comic series in Japan. (Photo by China Photos/Getty Images)

断幕のドラえもん

1.映画ドラえもん のび太の恐竜(1980)

映画ドラえもんシリーズの記念すべき第1作目は「映画ドラえもん のび太と恐竜」。 実は本作は、ドラえもんの作者、藤子・F・不二雄氏としても初の映画化作品なんです。今でも多くの人に愛されている本作はのび太の愛に溢れる優しさが垣間見られ、涙なしに観ることのできない感動作となっています。
各キャラクターの顔や声も現代のアニメーションとはだいぶ異なり、懐かしさを感じることができるのもポイントです◎

映画ドラえもん のび太の恐竜

映画ドラえもん のび太の恐竜

1980年/日本/93分

作品情報 / レビューはこちら

2.映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史(1981)

1作目のヒットから1年足らずで公開となった2作品目の本作、「映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史」から、「映画ドラえもんシリーズ」は長きに渡り、毎年3月に新作映画を世に送り出していくことになります。
そんな人気アニメーション映画となった本作のイメージキャラクターといったら、星猫のチャミーや空飛ぶゾウですよね。宇宙への夢が膨らむ、そんな作品となっています。

映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史

映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史

1981年/日本/91分

作品情報 / レビューはこちら

3.映画ドラえもん のび太の大魔境(1982)

本作「映画ドラえもん のび太の大魔境」は、「映画ドラえもん のび太の恐竜」のようにひょんなことからのび太が野良の動物を拾うところから物語が始まります。今回は、野良犬のペコ。舞台はアフリカのバウワンコ王国と呼ばれる秘境で、ペコとのび太たちが冒険を繰り広げていく作品となっています。

映画ドラえもん のび太の大魔境

映画ドラえもん のび太の大魔境

1982年/日本/92分

作品情報 / レビューはこちら

4.映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城(1983)

海底ロマンをテーマにした「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」は、のび太たちが海底世界の兵士に出会い冒険する内容となっています。本作では特にしずかちゃんの勇気ある行動に注目です。いつもの映画とは少し異なるエンディングにもなっているので、マンネリ化することなく鑑賞できそうです。

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城

1983年/日本/95分

作品情報 / レビューはこちら

5.映画ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984)

『もしも魔法が使えたら、、、』という憧れを抱いたのび太の発想から『もしもボックス』で、ドラえもんとのび太が魔法の世界にいくお話が、本作の始まり。つまり、いつも冒険に加わるしずかちゃん、スネ夫、ジャイアンは現世からではなく、魔法の世界から登場します。パラレルワールドのようなお話でワクワクする内容になっていますよ!本作ではドラミちゃんも登場します!

映画ドラえもん のび太の魔界大冒険

映画ドラえもん のび太の魔界大冒険

1984年/日本/98分

作品情報 / レビューはこちら

6.映画ドラえもん のび太の小宇宙戦争(リトル・スター・ウォーズ)(1985)

地球を超えて、宇宙へと舞台を変えた「映画ドラえもん のび太の小宇宙戦争(リトル・スター・ウォーズ)」。少年心を思い出すような、宇宙ロマンあふれる作品で、このあたりから絵も段々と変わっていきますね。個人的には意外なエンディングだった作品です。ロコロコというおしゃべりな犬がのび太たちに呆れられるシーンは、シュールで昔のドラえもん漫画のブラックジョークを思い出します。

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争

1985年/日本/98分

作品情報 / レビューはこちら

7.映画ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986)

これまでは『のび太の〜』というタイトルでしたが、今回は『のび太と〜』に。ストーリーも今までとは違う、新しい展開になっています。地球人の少女の形をしたスパイロボット、リルルが物語の鍵を握るキャラクターですが、さらにしずかちゃんも重要な役割を担っているのでしずかちゃんファン必見の作品です!

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団

1986年/日本/97分

作品情報 / レビューはこちら

8.映画ドラえもん のび太と竜の騎士(1987)

シリーズ1作目の「映画ドラえもん のび太の恐竜」から2作品目となる『恐竜』にまつわる物語、「映画ドラえもん のび太と竜の騎士」。作者、藤田・F・不二雄氏の恐竜好きがうかがえますよね。みなさんも今までに、恐竜が現代までいたらなあ、なんて思ったことありませんか?もしかしたら、みなさんの知らないところでまだ存在しているかもしれませんね!

映画ドラえもん のび太と竜の騎士

映画ドラえもん のび太と竜の騎士

1987年/日本/91分

作品情報 / レビューはこちら

9.映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記(1988)

小学校の劇で西遊記をやることになったのび太たちだったが、ドラえもんのひみつ道具で中国・唐の時代、すなわち本物の西遊記の世界へと冒険をする本作、「映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記」。本作では、それぞれの登場人物が実際に孫悟空や三蔵法師、猪八戒、沙悟浄に扮していることから、なんだか似ているなあなんて感じるのも楽しいポイント。 ストーリーもゲームっぽくて面白いですよ〜!

映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記

映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記

1988年/日本/90分

作品情報 / レビューはこちら

10.映画ドラえもん のび太の日本誕生(1989)

本作「映画ドラえもん のび太の日本誕生」の物語の始まりは、のび太たちが家出を決意するところから。みなさんも子どもの時に一度は考えてみたことがあるのではないでしょうか?向かった先は『7万年前の日本』。
敵のクラヤミ族を率いる呪術師ギガゾンビに対抗して、ドラえもんはドラゾンビとしてひみつ道具で相手を圧倒させるところは、やっぱりドラえもんらしいなと思わせてくれます。

映画ドラえもん のび太の日本誕生

映画ドラえもん のび太の日本誕生

1989年/日本/100分

作品情報 / レビューはこちら

1990年代〜

WUHAN, CHINA - FEBRUARY 12: (CHINA OUT) A man walks in front of doraemon whilst designed as an ox in Wuhan International Plaza during the first day of Spring Festival on February 12, 2021 in Wuhan, Hubei Province, China. China is marking the Spring Festival which begins with the Lunar New Year on February 12, ushering in the Year of the Ox, And with no recorded cases of COVID-19 community transmissions since May 2020, life for residents in Wuhan is gradually returning to normal. (Photo by Getty Images)

ツノが生えたドラえもん

11.映画ドラえもん のび太とアニマル惑星(1990)

本作「映画ドラえもん のび太のアニマル惑星」では、ある日のび太がひょんなことから動物たちが人間のように生きている世界、『アニマル星』に迷いこむところから物語が始まります。この作品は、環境保護・動物愛護のメッセージが他の作品よりも濃く、子どもたちに学んでほしい内容でもありおすすめです。

映画ドラえもん のび太とアニマル惑星

映画ドラえもん のび太とアニマル惑星

1990年/日本/100分

作品情報 / レビューはこちら

12.映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト(1991)

本作「映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト」は絵本の世界に入り込むことができる『絵本入りこみぐつ』を使ったアドベンチャーで、しずかちゃんが囚われの身となり、ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫の4人で助けにいくお話。ドラえもんの四次元ポケットが盗られてしまい、大ピンチ!!!

映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト

映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト

1991年/日本/100分

作品情報 / レビューはこちら

13.映画ドラえもん のび太と雲の王国(1992)

舞台はガラリと変わり、本作の舞台は雲の上!雲の上にある『天上世界』の『絶滅危惧種保護州』に迷い込んだ一行でしたが、天上人の極端な計画に怪しみ、計画を阻止するというストーリーです。とはいえ、地球人の引き起こした動植物への扱いや自然環境を顧みるといった、社会問題にもフォーカスした内容になっています。

映画ドラえもん のび太と雲の王国

映画ドラえもん のび太と雲の王国

1992年/日本/98分

作品情報 / レビューはこちら

14.映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮(1993)

いつものび太はドラえもんにひみつ道具をせがみますが、そんな便利なロボットに頼り切った人間たちの末路を描いてもいる本作「映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮」。連れ去られたドラえもんを助けるべく、巧みに動き回るおもちゃやロボットと、のび太たちが勇敢に対峙します。
筆者個人的に、本作は不気味さで最も印象深いドラえもん作品のひとつです。

映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮

映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮

1993年/日本/100分

作品情報 / レビューはこちら

15.映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士(1994)

夢の世界が舞台の「映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士」は、自分の夢の中でくらいはいい思いがしたい、というのび太が『気ままに夢見る機』を手にすることから始まります。その後、謎の男に『夢幻三剣士』の夢を見ることをすすめられ、そこの王国ユミルメ国を救う冒険に出ます!
本作は夢の中がベースとなっているので、登場人物が現世の特徴とは少し異なっている点で、面白さが倍増していますよ〜!ゲームの世界のようでワクワク感も◎

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士

1994年/日本/100分

作品情報 / レビューはこちら

16.映画ドラえもん のび太の創世日記(1995)

のび太たちが夏休みの自由研究として、新地球と呼ばれるドラえもんのひみつ道具で作られた世界を観察するという、不思議な描写が特徴の本作「映画ドラえもん のび太の創世日記」。本作では本人たちに似た人物が出てきたり、弥生時代の設定など、歴史や教養を深めながら鑑賞することができる作風になっています。

映画ドラえもん のび太の創世日記

映画ドラえもん のび太の創世日記

1995年/日本/98分

作品情報 / レビューはこちら

17.映画ドラえもん のび太と銀河超特急(1996)

銀河ミステリー列車に乗って小惑星群を旅する道中で、人間征服を企む寄生生物と戦うお話の「映画ドラえもん のび太と銀河超特急」。銀河鉄道の夜(宮沢賢治著)のオマージュをしていたり、それぞれのキャラクターがそれぞれの時代や場所のコスチュームに身を纏い、SF感あふれる本作。普段は冴えないのび太の、射撃の腕が活躍する作品でもあります!

映画ドラえもん のび太と銀河超特急

映画ドラえもん のび太と銀河超特急

1996年/日本/97分

作品情報 / レビューはこちら

18.映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記(1997)

ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄氏の遺作であり、大ヒットを記録した「映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」。おもちゃたちに命を吹き込むひみつ道具『命のねじ』を使った世界、ねじ巻き都市(シティー)で繰り広げられる冒険のお話です。おもちゃたちとのび太たちのみんなが協力して敵を懲らしめるシーンなどが特にいいシーンですよ♪

映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

1997年/日本/98分

作品情報 / レビューはこちら

19.映画ドラえもん のび太の南海大冒険(1998)

宝探しに憧れた一行は『宝さがし地図』というひみつ道具を使って冒険を楽しんでいたが、時空が歪み、17世紀のカリブ海(いわば本物の海賊の世界)へとタイムスリップしてしまいます。どの作品も可愛いのですが、本作のドラえもんの海賊コスチュームはとってもキュートなのも見どころです(笑)

映画ドラえもん のび太の南海大冒険

映画ドラえもん のび太の南海大冒険

1998年/日本/91分

作品情報 / レビューはこちら

20.映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記(1999)

映画ドラえもんシリーズの記念すべき20作品目の超大作として公開された「映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記」は、ひょんなことからジャイアンとスネ夫が、UFOに乗った何者かによってさらわれてしまうところから物語が始まります。どこでもドアでは行くことのできない距離にある宇宙が舞台の、スケールの大きな作品でロマンのある冒険ストーリーです!

映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記

映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記

1999年/日本/93分

作品情報 / レビューはこちら

2000年代〜

TOKYO, JAPAN - OCTOBER 23: Japanese cartoon character Doraemon poses for 'Stand By Me Doraemon' photocall during the opening ceremony during the 27th Tokyo International Film Festival at Roppongi Hills on October 23, 2014 in Tokyo, Japan. (Photo by Ken Ishii/Getty Images)

たくさんの子供達に囲まれるドラえもん

21.映画ドラえもん のび太の太陽王伝説(2000)

時空の歪みから、古代の太陽の国、マヤナ王国とのび太の部屋がつながるところから冒険が始まります。王国の王子ティオはのび太に性格は異なるも瓜二つの外見を持ち、現代世界に興味を持ちのび太と入れ替わるところも、本作の見どころシーンのひとつです。古代文明というだけあって生贄などのシーンもあり、少し怖いと感じる人もいるかもしれません。

ドラえもん誕生30周年の大ヒット作品です!!

映画ドラえもん のび太の太陽王伝説

映画ドラえもん のび太の太陽王伝説

2000年/日本/92分

作品情報 / レビューはこちら

22.映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち(2001)

本作「映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち」は翼を持つがトラウマがあり自分で飛べない鳥人間のグースケと、のび太たちの鳥と鳥人間たちの平和な世界を舞台にした勇敢な冒険のお話。のび太たちも参加することになる、渡り鳥パトロール隊への入隊テストである『イカロスレース』も物語の見どころの一つですよ〜!

映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち

映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち

2001年/日本/91分

作品情報 / レビューはこちら

23.映画ドラえもん のび太のロボット王国(キングダム)(2002)

ロボットと人間たちの共存をテーマにした「映画ドラえもん のび太のロボット王国」は、新しいロボットをドラえもんに内緒で買ったのび太のもとに、時空を超えて紛れ込んでしまった少年ロボット、ポコの故郷ロボット王国が舞台です。ロボットと人間の友情、ドラえもんとのび太の絆にも注目です。
主題歌はなんと、ハワイ出身の関取、小錦ことKONISHIKIが歌っています。

映画ドラえもん のび太とロボット王国

映画ドラえもん のび太とロボット王国

2002年/日本/80分

作品情報 / レビューはこちら

24.映画ドラえもん のび太とふしぎ風使い

つむじ風の子供、フー子とのび太たちの風の国の冒険がテーマの「映画ドラえもん のび太とふしぎ風使い」では、スネ夫に悪役が憑依してしまったり、敵対してしまったりします。のび太たちは風の村を侵略しようとしている、嵐族や怪物に果敢に立ち向かっていくという内容になっています。本作あたりから絵のタッチも変わっていますね。

映画ドラえもん のび太とふしぎ風使い

映画ドラえもん のび太とふしぎ風使い

2003年/日本/83分

作品情報 / レビューはこちら

25.映画ドラえもん のび太とワンニャン時空伝(2004)

野良犬のイチを拾ったのび太は、捨て犬や捨て猫をタイムマシンで3億年前まで連れていき『また明日帰って来るから』と約束しますが、時空の歪みによりその千年後に到着。その世界は犬や猫が人のように暮らす、ワンニャン王国だった、というお話。
のび太が飼ったもののシリーズは特に涙なしには観賞できませんね。。。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

2004年/日本/84分

作品情報 / レビューはこちら

26.映画ドラえもん のび太の恐竜2006(2006)

映画ドラえもんシリーズ第1作目の「映画ドラえもん のび太の恐竜」がリメイク版になって公開されたことで話題を集めましたね!2005年にアニメ版での声優陣が一新したことに伴い、映画版としても新たな幕開けとなりましたが、ストーリーは基本的に変わらず多くの人の涙を呼ぶ物語となっています。
また、ゲスト声優には俳優の神木隆之介がピー助役、恐竜ハンター役に船越英一郎と豪華な顔ぶれも魅力の一つですね!

映画ドラえもん のび太の恐竜2006

映画ドラえもん のび太の恐竜2006

2006年/日本/106分

作品情報 / レビューはこちら

27.映画ドラえもん のび太の新魔界冒険〜7人の魔法使い〜(2007)

1984年に公開された「映画ドラえもん のび太の魔界大冒険」のリニューアル版。原作よりも少し複雑化したストーリーで、ドラモンの妹のドラミちゃんも大活躍します!煌びやかでパワフルになって帰ってきた本作も目が離せませんね〜!

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い

2007年/日本/112分

作品情報 / レビューはこちら

28.映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝(2008)

映画ドラえもんシリーズがリニューアルしてから初となる、オリジナルの物語「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」は自然をテーマにしたお話。のび太が捨てられた植物を家に持ち帰り、ドラえもんのひみつ道具で身動きが取れるようにします。そんな苗木のキー坊とのび太たちの壮絶な戦いや、人間たちの自然に対する過ちなどが見どころとなっています。

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

2008年/日本/112分

作品情報 / レビューはこちら

29.映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史(2009)

1981年製作の「映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史」のリニューアル版で、新キャラクターが登場したり、性格や名前が異なるなど内容も少し変更が加えられています。旧作よりも少し複雑な内容となっており、涙を誘うシーンも。本作と旧作を見比べて見るのも面白いかもしれませんね!

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

2009年/日本/98分

作品情報 / レビューはこちら

2010年代〜

SINGAPORE - SEPTEMBER 12: FiguartsZERO Nobita and Doraemon figure set is on display during the Singapore Toy, Game & Comic Convention at the Sands Expo & Convention Centre on September 12, 2015 in Singapore. The Singapore Toy, Game & Comic Convention (STGCC) shows off the worlds of toys, games, comics, anime, manga and collectibles. (Photo by Suhaimi Abdullah/Getty Images)

ドラえもんとのび太のフィギュア

30.映画ドラえもん のび太の人魚大海戦(2010)

舞台は海底、本作のテーマは『人魚』。「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」では、ドラえもんのひみつ道具で陸上を海に見立てて遊んでいた一行の元に、人魚が迷い込んでくるところからストーリーが始まります。「映画ドラえもん のび太の巨人伝」同様、自然をテーマにした内容にもなっており、大人も子どもも学びを得ながら鑑賞することができますよ〜

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦

2010年/日本/100分

作品情報 / レビューはこちら

31.映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団〜はばたけ 天使たち〜(2011)

1986年に公開され、話題を呼んだ「映画ドラえもん のび太と鉄人兵団」が新しくなって新登場。他のリニューアルされた作品同様、若干の変更点(ピッポと呼ばれるロボットが作られたことなど)があります。ロボットがたくさん出てきてワクワクしますが、エモーショナルなシーンも多くやっぱり感動するお話ですね。

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ 天使たち

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ 天使たち

2011年/日本/108分

作品情報 / レビューはこちら

32.映画ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマル アドベンチャー〜(2012)

本作「映画ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマル アドベンチャー〜」は、ひょんなことからパパにも買ってもらったのよりも大きなカブトムシが欲しくなったのび太の、動物・昆虫をめぐるお話です。のび太そっくりの少年、ダッケの正体にも注目です!
実は本作が公開された2012年はドラえもんが誕生する『100年前』という記念すべき作品なんですよ〜!あと100年でドラえもん現れてくれるのかな〜?(笑)

映画ドラえもん のび太と奇跡の島  アニマル アドベンチャー

映画ドラえもん のび太と奇跡の島  アニマル アドベンチャー

2012年/日本/100分

作品情報 / レビューはこちら

33.映画ドラえもん のび太とひみつ道具博物館(ミュージアム)(2013)

本作は今まで映画版ではなかなかスポットライトを浴びることの少なかった『ひみつ道具』がテーマとなっており、大人も子どもも楽しめる内容となっています!ひみつ道具を最も簡単に盗んでしまう怪盗DX(デラックス)の正体とは…?ドラえもんらしい近代的なテーマを楽しみたい方におすすめの作品です!
映画ドラえもん史上最大のヒット作!

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)

2013年/日本/104分

作品情報 / レビューはこちら

34.映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜(2014)

1982年製作の「映画ドラえもん のび太の新魔境」が新しくなって公開!旧作と大きく異なるのはやはり画質というべきか、絵柄であることは間違いありませんが、内容は忠実に再現されています。そのため大人が懐かしむもよし、子供達に新しい冒険を観させてあげるのもいいかもしれませんね!

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊

2014年/日本/109分

作品情報 / レビューはこちら

35.STAND BY ME ドラえもん(2014)

秦基博の「ひまわりの約束」を聴いて思い出す方も多い本作は、原作さながらの感動のストーリーで、ドラえもんファンへの愛が詰まった作品です。3DCGの絵が立体感を与えてくれて、感情移入せずにはいられない名作となっています。ドラえもんがなぜのび太の元へやって来たのか、のび太としずかちゃんの将来、のび太とドラえもんの絆など、改めて見返すにもちょうど良い作品にまとまっていますよ〜!

STAND BY ME ドラえもん

STAND BY ME ドラえもん

2014年/日本/95分

作品情報 / レビューはこちら

36.映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)(2015)

本作「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」では、ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫の男の子4人だけでなく、しずかちゃんもヒーローものに興味を示し戦いに参戦していく展開になっています。それぞれのキャラクターの特徴にあった『特殊能力』のようなものを持ち、初めはヒーロー映画の撮影だと思っていた一行も本気で敵に立ち向かって行きます。ヒーロー映画が好きな人に特におすすめの作品です!

映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)

映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)

2015年/日本/100分

作品情報 / レビューはこちら

37.映画ドラえもん のび太の新・日本誕生(2016)

1989年に公開された「映画ドラえもん のび太の新・日本誕生」からさらにリニューアルして再登場。物語は旧作とほとんど変わっていませんが、旧作よりも深くキャラクターの心情を描いており、敵との戦いだけでなく、それぞれが自力で立ち上がるシーンなども見どころとなっています! のび太がひみつ道具で創り出した空想動物にもフォーカスされていて、リニューアル後特にテンションが上がった作品です。(笑)

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

2016年/日本/104分

作品情報 / レビューはこちら

38.映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017)

本作の舞台は10万年前の南極。耐えきれぬ暑さから逃れ、かき氷を食べるために氷山に向かうのび太とドラえもんだったが、ひょんなことからある腕輪を発見し、落とし主に返しに冒険へと向かうお話です。ゲスト声優にフィギュアスケーターの織田信成や浅田舞を迎えて、『氷』がテーマの涼しげな作品となっています。

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

2017年/日本/101分

作品情報 / レビューはこちら

39.映画ドラえもん のび太の宝島(2018)

出来杉くんに『宝島』に関する本を教えられ、悔しいのび太はドラえもんのひみつ道具で新しい島を発見し、『ノビタオーラ号』に乗って旅に出ます。冒険心をくすぐる作品ですが、『ノアの方舟』の話を混ぜた大人も楽しめる内容になっています。敵もそうなりたくてなっているわけでもないのか、難しいんだなあ、と感じた作品でした(笑)

映画ドラえもん のび太の宝島

映画ドラえもん のび太の宝島

2018年/日本/108分

作品情報 / レビューはこちら

40.映画ドラえもん のび太の月面探査記(2019)

本作が公開された2019年は、人類が月に降り立った50周年ということもあり、舞台はなんと月。転校生の存在や、月うさぎの存在、かぐや姫のお話など、内容は少し難しいですが伏線回収が楽しめるお話となっています。本作を観た子どもたちが、人類の月面着陸の歴史に興味を持つきっかけになってくれたら嬉しいですよね〜!

映画ドラえもん のび太の月面探査記

映画ドラえもん のび太の月面探査記

2019年/日本/111分

作品情報 / レビューはこちら

2020年代〜

FUJIAN, CHINA - AUGUST 21: (CHINA MAINLAND OUT)The exhibition of famous Japanese animation star Doraemon and his 100 secret props is held in Xiamen City, southeast Chinas Fujian Province, August 21, 2017.(Photo by TPG/Getty Images)

ドラえもんオブジェ

41.映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020)

『恐竜』をテーマにした本作ですが、今回は双子の恐竜キューとミューがのび太の元に。簡単に空を飛べるようになったミューに対して、不器用なキューに自分を重ねるのび太は2匹を育てることを決意します。いつもの悪者がいるストーリー展開とは少し異なる内容を楽しむことができます。
「映画ドラえもん のび太の恐竜」に出てくるピー助のように、のび太は愛を持ってかわいがるところにやはり感動しますよね〜!

映画ドラえもん のび太の新恐竜

映画ドラえもん のび太の新恐竜

2020年/日本/111分

作品情報 / レビューはこちら

42.STAND BY ME ドラえもん2(2020)

2014年に公開され、大ヒットとなった「STAND BY ME ドラえもん」の続編となる本作ですが、内容はおばあちゃんとのび太の物語を中心に描かれています。誰もがおばあちゃんの優しさに触れ、あたたかさを思い出すような心温まるハートフルムービー。おばあちゃんに晴れ舞台を見せたい、という気持ちはみんな一緒なんですね。

STAND BY ME ドラえもん2

STAND BY ME ドラえもん2

2020年/日本/96分

作品情報 / レビューはこちら

43.映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)2021(公開日未定)

1985年の「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)」のリメイク版の本作は、2021年の3月に公開予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で公開を延期しました。作品のもストーリーはほとんど変わらず、小さな宇宙人のパピやロコロコと、のび太たちの友情を描いた作品となっています。
今から旧作を見て予習しておくのもよし、新作を楽しみにしているもよしですね!!

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021

2021年/日本

作品情報 / レビューはこちら

映画ドラえもんを観に行こう!

どこでもドア in コスモス畑

どこでもドア

以上43作品(旧作リメイク版、STAND BY ME ドラえもんシリーズを含む)を公開年代別にご紹介いたしましたが、思い出の作品やこれから観たい作品は見つかりましたか?ワクワク、ドキドキ、笑って泣ける、映画ドラえもんシリーズ。ドラえもんの世界へすぐに引き込まれる、そんな作品ばかりですね。
自分たちが子どもの頃から愛され続けているドラえもんを、ご自身のお子さんたちと一緒に鑑賞するのも楽しそうですよね!ぜひ家族やお友達と一緒に楽しくご覧ください!!

関連リンク

  • 5/4 20:00
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます