栗山千明“瑠璃”、小関裕太“亮”と堀田茜“エリカ”の関係にジェラシー!?

拡大画像を見る

栗山千明が主演を務める水ドラ25『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』(テレビ東京系、毎週水曜25:10~)の第5話が、5月5日に放送される。

本作は、栗山が演じる見た目“百戦錬磨”風、なのに実際は彼氏いない歴15年の超ド級の恋愛初心者・九条瑠璃と、笑顔の下に本音を隠した年下王子・真宮亮(小関裕太)の嘘から始まる、トキメキ必至のオリジナルラブコメディ。

第4話の放送後、亮(小関)の膝枕とウインクのシーンについて、「ニヤケが止まらない」「キュンキュンする」「膝枕は破壊力バツグン」「ウインクにキュンでした」などのコメントが寄せられた。

<第5話あらすじ>
亮(小関)と親会社の専務の立花エリカ(堀田茜)がフロアーを出る姿を目撃した瑠璃(栗山)は、2人きりで話している内容を聞いてしまった。亮の振り向かせたい相手は、まさか元カノのエリカ!?

瑠璃は恋愛指南として亮と付き合っていたはずだが、なぜか自分がエリカにやきもちを妬いていることに気づく。

家に帰り酒を飲み気持ちを紛らわせようとするが、その姿を見た弟の惇太(草川拓弥)に呆れられてしまう。次の日から瑠璃は、自然と亮を避けるようになり、亮も自分が避けられていることを察する。しかし、事態は思わぬ展開に!?

関連リンク

  • 5/5 17:30
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます