「Snow Manファンは図々しい」アニメ&漫画ファンが不快感!? 『ブラッククローバー』人気キャラ投票めぐり「空気読んで」と怒りの声

拡大画像を見る

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて、田畠裕基氏が連載中の漫画『ブラッククローバー』(以下、『ブラクロ』)。現在、同作の公式サイトでは、第5回キャラクター人気投票「魔道士総選挙」を開催中だが、一部のキャラクターをめぐって、原作ファンがSnow Manファンに怒りを爆発させている。

 同作は、魔法が使えない少年・アスタが、魔法使いの頂点「魔法帝」を目指すという王道少年魔法ファンタジー。2017年10月よりテレビ東京系でアニメ化され、今年3月末には映画化が発表された人気作品だ。

「アニメ版『ブラクロ』のオープニングテーマには、Snow Manの『Stories』(第129話~第140話)と、『Grandeur』(第158話~第170話)が起用されました。また、昨年8月25日放送のアニメ第140話にて、佐久間大介がオリジナルキャラクターのマクサ・ノース役で声優に初挑戦。その後、マクサは“逆輸入”されて原作にも2度ほど登場し、3月29日より始まった『魔道士総選挙』においても、多数のキャラクターに混じってマクサがラインナップされているんです。一部Snow ManファンはSNS上でマクサへの投票を呼びかけ、実際に『マクサに投票した』といった報告も上がっています」(ジャニーズに詳しい記者)

 この総選挙はWEB投票のみ受け付けており、3月29日~5月31日の間に専用サイトから1日に1回、好きなキャラクターに投票できる仕組み。5月1日には、同作の公式Twitterが「第5回『魔道士総選挙』中間発表」「担当編集も予想外の順位となっています」として、TOP15を発表。マクサが10位にランクインしたことで、原作ファンから批判的な声が続出してしまった。

「マクサは原作、アニメ共に出番の少ないキャラクターのため、上位にランクインしたことを不審に思った『ブラクロ』ファンが多かったよう。ネット上では『マクサは原作で2回くらいしか登場してない脇役。これが10位は絶対におかしい』『ジャニオタ空気読んで。なんで話にほぼ関係ないサブキャラに投票するの?』といった声が続出し、『マクサを総選挙のラインナップに入れた意味がわからない』『マクサの10位はジャニオタの組織票でしょ? これじゃ納得いかないからやり直してほしい』など、運営サイドを責める声まで出ていました」(同)

 一方で、Snow Manファンの中にも「マクサは『ブラクロ』のキャラであって、佐久間くんじゃないことを理解して。こんなことで印象が悪くなるのはつらい」「『ブラクロ』はSnow Manのためのアニメじゃないでしょ。投票は佐久間くんのためにならないから、これ以上はやめて!」などと、投票を問題視している人が少なくないようだ。

 『ブラクロ』ファンとSnow Manファンは、過去にも論争を繰り広げていた。昨年9月に『国民13万人がガチ投票!アニメソング総選挙』(テレビ朝日系)が放送された際、Snow Manが歌った同作のオープニングテーマ「Stories」が29位にランクイン。Snow Manファンによる“組織票”が疑われ、物議を醸したのだ。

 この投票は番組HP上で、「あなたが一番好きなアニソンは何ですか?」というテーマで行われたが、一部アニメファンからは「ジャニオタの組織票で上位に上がっただけ」「アニメを見ていないジャニオタが投票してる」などとの苦言が上がることになった。

「また、3月末に『ブラクロ』の映画化が発表された際、ネット上のSnow Manファンは『主題歌がSnow Manだったらうれしい!』『もちろん主題歌はSnow Manだよね?』など期待する声が聞かれ、中には、アニメの公式Twitterに『主題歌にはぜひSnow Manの起用をお願いします』と売り込む人まで現れました。こうした主張を目にした『ブラクロ』ファンは、『映画化でSnow Manファンが騒いでるのは不愉快』『映画化に対して、Snow Manファンの反応が図々しい』など、うんざりしている様子です」(同)

 なお、「魔道士総選挙」の投票締め切りは5月31日。最終的な結果で、マクサは上位にランクインするだろうか?

  • 5/5 8:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます