ラーメンライスならぬ「ちゃんぽん炒飯」という旨すぎる組み合わせをリンガーハットで体験してきた

拡大画像を見る

 ラーメン×ライス or チャーハンは、もはやニッポンが誇る定番の組み合わせですが、その麺がちゃんぽんとなると、少し考えてしまいませんか? というか、餃子をサイドメニューに頼むことはあっても、あまりご飯ものと組み合わせてちゃんぽんを食べた記憶がありません。

 そして東京でちゃんぽんの店と言えば、やはり『長崎ちゃんぽん リンガーハット』を思い浮かべる人が多いと思います。そんなリンガーハットで、ちゃんぽんとチャーハンの最高の組み合わせをめざした新商品が、期間限定で楽しめるとの情報を入手。味わってみるべく、さっそくJR蒲田東口店に取材に行ってきました。

ちゃんぽん>チャーハン>ちゃんぽんのループが止まらない!

 今回、いただくのは、「ほたてとあさりのちゃんぽん」と「たまごとレタスの半チャーハン」。ちゃんぽんとチャーハンの相性を研究し尽くして開発されたメニューだそうです。まずはちゃんぽんのスープからいただきます。

 リンガーハットのちゃんぽんといえば、とんこつスープのような白濁した汁をイメージしますが、これはタンメンのようなスープ。旬の素材、ホタテやアサリの旨みがしっかり染み出しています。あっさりしていますが、実にコク深い味わい。ホタテやアサリはバターで焼いてあるそうで、そのバターの味わいも溶け込んでいるので、何とも豊かで奥行きのある味に仕上がっています。

 無我夢中で食べ進むうちに、ふとご飯を欲している自分に気づきました。そう、前述したように、このセットはちゃんぽん×チャーハンの相性を考えに考えたうえで開発されています。チャーハンが自然と欲しくなる味なんですね。

 というわけで、すかさず半チャーハンをひと口。旬のレタスのシャキシャキ感がなんともいい。そして卵がふっくらしていてまた旨いこと。お米にうまくなじんでいます。全体にブラックペッパーが振りかけられており、ピリッとした軽い刺激も食欲を後押しします。

 チャーハンをひと口ふた口食べると、なぜかまたちゃんぽんのスープを飲みたくなってしまいます。うーん、これはスープとチャーハンを行ったり来たり、無限ループが完成しそうな相性の良さです。

 そういうわけで、再びちゃんぽんに向き合います。実はちゃんぽんの上には国産のあおさがのっているんですが、これをスープに溶かしつつ麺をすすると、口の中が磯の香りでいっぱいに。キャベツ、もやし、玉ねぎ、インゲン、にんじん、水菜、きくらげなどの野菜がふんだんに盛られていますが、この旨みもスープに溶け込んでいるので、複合的で高級スープのような風味。このスープがチャーハンと合うんですね。

 麺を平らげたあと、「ルール違反」だと言われても、残ったチャーハンをこのスープに入れて、雑炊のようにしてかっこみたい気分になってきます。ラーメンライスならぬ、ちゃんぽんチャーハン、控えめに言って最高でした。

 ちなみに、いずれもテイクアウトにも対応。半チャーハンは一部の店舗では提供していないそうなので、事前にウェブサイトなどでの確認をおすすめします。

(取材・文◎松本壮平)

●SHOP INFO

店名:長崎ちゃんぽん リンガーハット JR蒲田東口店

住:東京都大田区蒲田5-18-6
TEL:03-5713-3513
営:11:00~20:00(L.O.19:30)
  ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、営業時間を変更中
休:年中無休

関連リンク

  • 5/5 10:51
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます