連絡をくれない彼氏への働きかけ方7パターン

仕事などで多忙な彼氏がなかなかLINEを送ってこないことで、不安になったことのある方もいらっしゃると思います。そのようなとき、彼氏に対してどのような働きかけをすればよいのでしょうか。そこで今回、「連絡をくれない男性への働きかけ方7パターン」を紹介させていただきます。

【1】「連絡くれないから、寂しい!」と寂しさをアピールする。
素直に寂しさをアピールするパターンです。自分ひとりで寂しさを抱えていても、彼氏が感じ取ってくれるとは限りません。素直に伝えることで、男性に気づいてもらうキッカケとなるかもしれません。

【2】「応援しているからね!」と彼氏を応援する。
仕事で忙しい彼氏を応援するパターンです。温かく見守っている気持ちを伝え、彼氏に彼女の存在は大切なんだと気づいてもらうことで、連絡をもらえる可能性が高まるでしょう。ただし、そのまま返信せずに仕事に没頭する男性もいるので、返信は期待しない方が良いでしょう。

【3】突然、「◯◯へ連れてってー!」とかわいいワガママを言ってみる。
連絡をくれない彼氏に対するストレスをワガママという形で伝えるパターンです。ただし、仕事に追われ、余裕のない彼氏だった場合、嫌われてしまう可能性があります。彼氏の精神的な余裕のあるときにアプローチした方が良いでしょう。

【4】「仕事が落ち着いたら、今度、◯◯したいね!」と急かさないように要望を伝える。
彼氏の仕事が落ち着いてからの要望を伝えるパターンです。ワガママではなく、彼氏に対して気遣っていることを伝えることができます。興味を持てるような提案をすることで、彼氏も喜ぶでしょう。

【5】「連絡がないから心配しているよ。」と心配していることを伝える。
心配している気持ちをストレートに表現するパターンです。一方的に自分の不安な気持ちをぶつけるのではなく、彼氏を心配していることを伝えれば、彼氏も連絡しようという気持ちがうまれるでしょう。

【6】「髪を切ったよ!」とイメージチェンジしたことを伝える。
「髪を切った」「いつもと違う雰囲気の洋服を買った」など、イメージチェンジしたことを伝えるパターンです。大きな変化があれば、彼氏もビックリして、返信してくれる可能性があります。

【7】「気持ちが離れそう・・・」と別れをほのめかす。
連絡をくれない彼氏に対して、気持ちが冷めそうなときのパターンです。素直に「気持ちが離れそう・・・」と伝えることで、彼氏は危機感をおぼえ、お互いに向き合う機会を作ってくれるかもしれません。ただし、別れをほのめかしたことをキッカケに、本格的な別れ話となる可能性があるので、勇気が必要でしょう。

実践できそうな働きかけは見つかったでしょうか。また、連絡をくれない男性への働きかけ方は他にも存在すると思います。効果的な方法があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/5 8:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます