何でもない毎日が宝物!ほっこり日常漫画おすすめ5選

拡大画像を見る

人生は波乱万丈よりも、「普通」の毎日が続くことがきっと幸せ。そんな風に感じさせてくれる日常系の漫画を集めました。リアルな毎日がトラブル続きの時こそ、日常系の漫画を読んでぜひリラックスしてみて下さい。

日常系漫画は静かな感動を呼ぶ

女性 友達 会話

日常系の漫画は、日々の暮らしの大切さを淡々と綴っているものが多いですよね。一見退屈なように思える日常系漫画も、読み進める内に心の中に静かで小さな感動が積もっていきます。毎日忙しすぎて、日々の大切さを忘れかけているなと感じる時に読むのもおすすめです。

舞妓さんちのまかないさん/小山愛子

この商品の販売サイトをチェック

舞妓さんちのまかないさん(1) (少年サンデーコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51Zx7ufvuTL.jpg)

詳しく見る

小山愛子/小学館/週刊少年サンデー/1~16巻/連載中

〇あらすじ
主人公のキヨは幼なじみのすみれと共に、青森県から京都に舞妓修行のためにやってきた。めきめきと上達していくすみれに反して、キヨは舞妓候補としての才覚がなくついに地元に帰るように促される。そんな時寮のまかないのおばちゃんの代わりに、キヨは弱冠16歳にして家事全般を引き受けることになる。一緒に暮らす舞妓たちのために、特別じゃないけれど普通の温かい料理作るキヨと若い舞妓さんたちの奮闘記。

〇おすすめポイント
幼馴染のすみれが舞妓として大成していくのを横目で見ながら、自分は料理を作る日々なんて普通なら嫉妬に駆られたり落ち込んでしまっても仕方ないはず。けれどキヨはすみれの成功を心から喜び、舞妓たちが滞りなく毎日を送れるように温かい家庭料理を作り続けます。その普通過ぎて一生懸命な姿に静かな感動を覚えます。努力の人のすみれが根を詰め過ぎた時、キヨがいつもと変わらず微笑んでいてくれる。それがすみれにとっても救いになっています。友情と青春と仕事と料理と、小さな幸せが降り積もる舞妓さんちの日常系漫画です。

〇NHKワールドJAPANにて2021年2月から、Eテレで2021年秋からアニメ放送開始
・アニメキャスト:花澤香菜、M・A・O、高山みなみ、松田颯水、片貝薫、小山力也他
超豪華キャストを迎えて世界に向けてアニメ化され、日本に興味がある世界中の人たちに注目され評判になっています。Eテレでも秋から放送されるので、これを機会にチェックしてみて下さい。NHKワールドJAPAN放送開始時のPVが公開されていますのでぜひ見てみてくださいね。

ばらかもん/ヨシノサツキ

この商品の販売サイトをチェック

ばらかもん 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51GCoKLWLcL.jpg)

詳しく見る

ばらかもん/スクウェア・エニックス/月刊少年ガンガン/全18巻/完結

〇あらすじ
書道家の半田清舟は受賞パーティーで自分の批判をした展示館の館長を殴り、父親に自分を見つめ直せと自然豊かだけれど何もない五島へ行くように言われる。自分の作品を批判され自分自身が否定されたと感じてやさぐれていた半田は、いつの間にか家に入り込んでいる天真爛漫な島の少女、琴石なるを含めた島民たちとの触れ合いにより精神的にも作品的にも成長していく。

〇おすすめポイント
最初は自己顕示欲のかたまりだった半田が、なるの無邪気な行動や島での暮らしに絆されだんだん心を許していくのが分かり微笑ましくなります。半田は特に子ども好きというわけではないからこそ、なると仲良くなっていく姿が自然で嫌味がありません。半田にとって大切な書が、島での暮らしによってどんな風に進化していくのかも楽しみですね。

よつばと!/あずまきよひこ

この商品の販売サイトをチェック

よつばと!(2) (電撃コミックス)

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Woo-kdh1L._SX373_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

あずまきよひこ/KADOKAWA/月刊コミック電撃大王/1~15巻/連載中

〇あらすじ
どこにでもある普通の町に、ものすごく元気な未就学の女の子よつばと、自宅で仕事をしている父親が引っ越してきた。二人は本当の親子じゃないけれど、そんなことは誰も気にならない。よつばにとって初めてのことだらけの毎日。「いつでも今日が、いちばん楽しい日。」そんな日々を過ごす、当たり前で愛おしいよつばとと、とーちゃんの物語。

〇おすすめポイント
特にドラマチックな展開があるわけじゃないのに、よつとは一つ一つのことが初めてて気持ち良い位に喜びます。父である「とーちゃん」からも、感情の起伏が激しいわけじゃなく結構淡々としているのにじんわりした愛情を感じます。近所の人たちも皆でよつばを見守ってくれている空気が伝わる、心温まる日常系漫画です。

高杉さん家のおべんとう/柳原 望

この商品の販売サイトをチェック

高杉さん家のおべんとう 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/513ZW+0NKYL.jpg)

詳しく見る

柳原望/メディアファクトリー/コミックフラッパー/全10巻/完結

〇あらすじ
博士の資格を持つのに就職先が決まらないオーバードクターの高杉温巳。ある日失踪していた美人の叔母が亡くなったと連絡が入る。叔母には中学生になる娘がいたらしく、未成年後見人となる人間が温巳しかいないと弁護士に告げられ中学生の久留里と一緒に暮らし始めることとなる。久留里はとても内向的で心を全く開かないが、叔母の作ってくれた料理の話を通じて、久留里に持たせる弁当を作り始めた温巳にだんだん打ち解けてくる。久留里も母の面影を辿るように料理を始め、ゆっくり静かな幸せが高杉さん家に広がり始める。

〇おすすめポイント
元々料理なんてほとんどしたことのない温巳が保護者として懸命に料理に励む姿、まだ拙いながらも一生懸命に料理をする久留里の姿がなんとも微笑ましいお料理系日常漫画です。漫画内に料理の豆知識以外にも、時折地理学的な雑学も盛り込まれていて専門家からも高い評価を受けています。日常の幸せにほっこりしつつ、勉強にもなる一石二鳥な作品です。

〇コミックス発売記念のPVが公開中
コミックス発売を記念して作られたPVは、高杉家とその周りの人たちの優しい雰囲気が伝わってくる温かいものに仕上がっています。そして久留里の可愛さもギュッと詰め込まれているので必見です。

ごほうびごはん/こもとも子

この商品の販売サイトをチェック

ごほうびごはん 1巻 (芳文社コミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51W8QBowf1L.jpg)

詳しく見る

こもとも子/芳文社/週刊漫画TIMES/1~13巻/連載中

〇あらすじ
主人公の池田咲子は地方からでてきた新人OL。まだまだ慣れない仕事で疲れが溜まる毎日で、自分へのごほうびに週に1回贅沢なご飯を食べると決めている。自炊したりちょっと外で食べてみたり、咲子の週1回のごほうびごはんが彼女の元気の元!

〇おすすめポイント
咲子は普通すぎるくらい普通のOLです。普段の食生活はどちらかと言えば慎ましく、贅沢はしていません。週一回のごほうびの日はもちろん、給料日前のちょっとした工夫ご飯や田舎でおばあちゃんに教わったらしい静かに丁寧な咲子の暮らしぶりを見ているとほっこりします。バリバリのキャリアウーマンでもないけれど、都会の片隅で真面目に生きる咲子の生活を一緒に覗いてみませんか。

〇コミックス発売記念のPVが公開中
本作の雰囲気が良く分かるPVが公開中。見ているだけで元気になれそうな、ほっこり映像を見てからコミックスを読むと幸せが増えそうです。

まとめ

色々な日常系の漫画をご紹介してきましたがいかかでしたでしょうか。大きなドラマがあるわけでもなく、ただただあるのは小さな幸せ、それがどんなに贅沢かを日常系の漫画は私たちに伝えてくれます。漫画は読みたいけれど、波乱万丈な物語で感情が揺さぶられるのはちょっとしんどい…、そんな時は日常系の漫画を読んで和んでください。何でもない幸せを漫画の中に見付けることができれば、あなたの日常に埋もれていた幸せの種もきっと見つかるはずです。

関連リンク

  • 5/1 15:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます