長崎、クラブスタッフ1名が新型コロナ陽性…5日の秋田戦は予定通り開催

拡大画像を見る

 V・ファーレン長崎は4日、クラブスタッフ1名が新型コロナウイルス感染症PCR検査で陽性診断を受けたことを発表した。

 発表によると、3日に陽性診断を受けた当該者には大きな症状もなく、宿泊療養施設にて隔離・療養しているという。なお、当該者は2日に行われた明治安田生命J2リーグ第11節水戸ホーリーホック戦に帯同していたことから、水戸と情報共有を行っており、今後も確認の連携を予定しているとのことだ。

 また、長崎は4日に保健所より、クラブスタッフ1名が濃厚接触者・もう1名が接触者に当たると判断されたことも発表。その2名に関しては本日PCR検査を実施するとして、そのほかトップチームに関わる選手・スタッフについては濃厚接触者には該当しないと判断されたことも明らかとなっている。

 なお、5日に予定されている明治安田生命J2リーグ第12節のブラウブリッツ秋田戦は予定通りに開催される。また、選手およびスタッフは、Jリーグ規約等に基づき、試合当日に実施するオンサイト検査で陰性となった者のみエントリーし、安全性を担保して試合に臨むことになる。そして、試合終了後には改めてPCR検査を実施するとしている。

関連リンク

  • 5/4 16:01
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます