大分、トップチーム選手1名が新型コロナ陽性…発熱等の症状訴え判明

拡大画像を見る

 大分トリニータは3日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。

 発表によると、当該選手Aは2日夕方に発熱等の症状を訴えたため、同日に抗原定性検査を受け陰性となったが、3日に自主的にPCR検査を実施し、陽性判定を受けたという。これを受け、3日にトップチーム選手及びスタッフを対象にPCR検査を実施。検査結果は4日に判明する予定となっている。

 また、大分は5日にJリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第5節の徳島ヴォルティス戦を控えているが、試合当日のキックオフ3.5時間前にJリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査を実施し、これまで定めていたエントリー可能な要件に加え、オンサイト検査で陰性判定を得た選手・スタッフのみが当日の試合にエントリー可能となることも明らかとなっている。

 なお、今後の対応やトップチームの活動、選手の状況についてはPCR検査結果を踏まえてから発表されることになる。

関連リンク

  • 5/4 11:28
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます