そんなことある!?旦那の実家の仰天ルール4つ

拡大画像を見る


結婚すると、どうしても逃れられないのが旦那の実家とのお付き合い。自分の家に習慣があるように、旦那の実家にも家族の習慣があるのは当然です。しかし、あまりにも自分の常識とかけ離れたルールがあると驚いてしまいますよね。今回は、思わず驚いてしまった「旦那の実家の仰天ルール」をご紹介していきます。


家族で共有するものが多い

「家族だから」というのが合言葉で、歯磨きのときに使うコップやフェイスタオルが共有という家は意外と多いみたいですね。中でも、驚いたのが「お風呂上がりに使うバスタオルが家族共有だった」という仰天ルール。旦那にとっては家族だから問題ないかもしれませんが、妻の立場だとかなり辛いルールだと言えますね。


トイレの流し方

常識的に考えれば、トイレは大でも小でもその都度流すのが一般的です。しかし、水道代の節約のために「小のときは一回では流さない」という仰天ルールがある家庭も存在します。また、犬や猫を飼っていると糞をする度に流すと水道代がかかるので、人間がトイレを使用したときに一緒に流す場合も。トイレに入って動物の糞がトイレにプカプカ浮いていたら、誰だって驚いてしまいますね。


息子に甘すぎる

旦那の実家に行くと、姑が息子に甘すぎることに驚いてしまう人も多いでしょう。お風呂に入っている間に着替えを用意したり、食事の際にも至れり尽くせり。挙句の果てには息子を「○○ちゃ~ん」と猫撫で声で呼んだり。溺愛しているのは理解できますが、大人になっても過剰に子ども扱いしすぎていると、嫁側はドン引きしてしまいます。


食べ物の組み合わせ

旦那の実家に行ったとき驚いたことの中で、最も多いのが食べ物の組み合わせです。例えば「朝ごはんの際にみそ汁ではなくお汁粉が出た」「天ぷらにソースをかけて食べる」「カレーに牛乳をかける」など、普段見慣れない食習慣があると対応に困りますね。


家庭にはさまざまな生活習慣があるので、最初は驚くことも多いかもしれませんが、長く付き合っているにつれて、少しずつ慣れてくることもあります。旦那の実家とは、よい距離を保って上手に付き合っていけるようにしましょう♡
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/4 10:16
  • ハウコレ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます