全部100均!!テレビ裏のごちゃつくケーブルを“浮かせる収納”でお掃除ラクラク♪

こんにちは。日々整理整頓を楽しんでいるインテリアコーディネーターのksfioriです。

オーディオ、ゲーム機、Wi-Fiなどの配線ケーブル、テレビの裏でごちゃごちゃしていませんか?

隠れて見えないとはいえ、結構埃がたまるので、見過ごせないテレビの裏側。毎度ごちゃごちゃなケーブルを持ち上げて、掃除機をかけるのは一苦労…。

そこで、掃除がラクになる「浮かせる収納術」をご紹介します!

専用の収納グッズはいりません。100均のブックエンドとつっぱり棒を使います。

ブックエンドは本を支えるだけではない!

シンプルなスチールの「ブックエンド」(高さ16cm×幅11cm×奥行8cm)。こちらはダイソーのものです。

背面と底部分の直角な形状をいかして、棚として利用します。テレビ台の裏に、両面テープでブックエンドを貼り付ければ、Wi-Fiルーターを置くのにぴったり!

こんなところにも突っ張れる優れもの!

次に使うのは、家の中、いろんなところで活用している100均のつっぱり棒。

セリアの「伸縮つっぱり張り棒(13cm〜16cm)」は、手のひらくらいの隙間にも突っ張れます。壁を保護するため、今回は「つっぱり棒壁面ガード」も使いました。

テレビ台とテレビ裏の壁に、つっぱり棒を取り付けます。輪っか状にまとめたケーブルを、つっぱり棒に通してぶら下げるだけ。

こんなに小さいつっぱり棒ですが、耐荷重1kgなので、ぐるぐる巻いたケーブルを下げても大丈夫です。

ケーブルをまとめる時は、ダイソーの「面ファスナーケーブルベルト」を使用。必要な長さにカットして使えるので便利です。

ブックエンドとつっぱり棒で、テレビの裏はこんな感じに↓↓↓

ケーブルの存在感は消せませんが、ごちゃごちゃと床置きになっていた時より、すっきりしました!

Wi-Fiルーター、ケーブル類を床から浮かせたことで、この通り、掃除機がテレビ裏の壁際まで、しっかり届きます。

今回使用した100均アイテムは4つ

①ブックエンド(高さ16cm×幅11cm×奥行8cm)/ダイソー
②伸縮つっぱり張り棒(13cm〜16cm)/セリア
③つっぱり棒壁面ガード/セリア
④面ファスナーケーブルベルト/ダイソー

まとめ

手軽に買える100均アイテムを使って、床からたった10cm浮かせただけで、格段に掃除がしやすくなりました。

毎日繰り返す事だから、“浮かせる収納”で家事をラクにしてみませんか!

文・写真/ksfiori
▶プロフィール・ほかのアイデアはこちら

関連リンク

  • 5/1 7:30
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます