青森県の奥入瀬渓流で“コケさんぽ”を楽しむオンラインツアーが開催!


国内・海外向けのオンラインツアーを多数開催するノットワールドが、5月22日(土)、“千変万化の清流”として名高い青森県の奥入瀬渓流を舞台としたオンラインツアー「奥入瀬渓流コケさんぽミニ!オンラインツアー」を催行する。

日本一の渓流美とも称される奥入瀬渓流

十和田湖畔から約14kmにわたり続く奥入瀬渓流は、国立公園の特別保護区であり、国指定天然記念物(天然保護区域)かつ特別名勝でもある。


日本一の渓流美とも称されるほど神秘的な美しさをまとう反面、遊歩道が整備されているため誰でも気軽に散策することができ、豊かな樹木や奇岩・奇勝、十数カ所にものぼる滝など、たくさんの見どころがある。

生育する苔の種類は300種類以上!


そんな奥入瀬渓流は、日本蘚苔類学会より選定された「日本の貴重な苔の森」でもあり、生育する苔の種類はなんと300種類以上!美しく広がる緑の絨毯を堪能することができる。

オンラインで“コケさんぽ”を楽しもう

今回開催の「奥入瀬渓流コケさんぽミニ!オンラインツアー」では、まずはじめに、奥入瀬渓流のなりたちやそこで出会える動物たちを、ジオラマを使って分かりやすく紹介。

そして、奥入瀬渓流館近くで見ることのできる苔を実際にルーペで覗きつつ、途中、樹木、野草や花などに目線を変えながら、大きな自然から小さな自然を一緒に観察していく。


当日の案内人は、十和田奥入瀬観光機構で広報を担当する三戸 瑠衣さん。


またスペシャルゲストとして、奥入瀬自然観光資源研究会理事 事務局長の川村 祐一さんと、


奥入瀬渓流の日本語と中国語ガイド研修を経て、ガイド通訳をしている林 雁青(リン イェンチン)さんが参加する。

オンラインツアーの詳細

同オンラインツアーは、ZOOMを使用して開催。


参加特典を「奥入瀬渓流コケハンドブック」「ハンドせっけんとヒバのせっけん皿のセット」「青森りんごの焼き菓子とジュースセット」から選ぶことができ、参加費は2,000円〜(送料込)となっている。

申込みは5月18日(火)までの期間、ノットワールドが運営するWEBサイト「ほむすび」内にて受付中だ。

奥入瀬渓流の魅力を現地からたっぷりと伝える「奥入瀬渓流コケさんぽミニ!オンラインツアー」に参加してみては。

画像をもっと見る

  • 4/30 22:45
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます