【東京×エスニック】都内でタイ料理屋さんを食べ比べてみました◎

拡大画像を見る

都内にあるタイ料理、シンガポール料理。とくに、カオマンガイ(シンガポールチキンライス)を食べ比べツアーしたまとめ記事です♡都内のなかでも厳選して、回ってきました☆タイ料理好きさん、ぜひ参考にしてみてください!


シンガポール海南鶏飯 水道橋本店



水道橋にある、隠れた名店!「シンガポール海南鶏飯 水道橋本店」

海南鶏飯(ハイナンチーファン)と読みます☆
中国、マレー、インドなどの文化を取り入れたシンガポール料理を提供するお店です!

シンプルな内装の家庭的な雰囲気で、気取らずアジアの本格的なエスニック料理を食べることができます♪




看板メニューである「海南鶏飯」は鶏肉が【揚げ】or【蒸し】を選ぶことができます!

迷った時はハーフ&ハーフも可能なのが嬉しい★
3種類のソース(チリ、ネギとショウガ、ダークソーヤソース)と美味しく炊かれたジャスミンライスとのそれぞれの組み合わせで何通りもの味わいを楽しむことができます♡



海南鶏飯の他にも本格的な料理メニューがたくさん揃っていますよ♪

初めて食べた「シンガポールサテー」は甘い焼き鳥のような感じでした!
春巻きはふっくら蒸されていて、これもまたとってもおいしかったです!!


店内には大きなテーブルから小さなテーブルまでさまざま!
お1人様でもサクッと、夜ご飯を食べれそうな雰囲気もいい感じでした♡

ぜひ、フラリと立ち寄ってみてくださいね!


<スポット情報>
シンガポール海南鶏飯 水道橋店 (ハイナンチーファン)
住所: 東京都千代田区神田三崎町2-1-1 美幸ビル 2F
電話: 03-3264-7218


タイ屋台999



続いては「タイ屋台999(カオカオカオ) 新宿店」。
本格的なタイの屋台を再現したお店構え!お1人様でも入りやすいですよ!

カジュアルでリーズナブルにタイ料理を楽しむことが可能♪



「カオカームー」は「カオマンガイ」の次くらいにメジャーな屋台料理らしいです♪
箸で取れないほど柔らかく煮込んだ豚足をスプーンでかきこむしあわせ♡

しっかりとした味付けにパクチーとタイ米の相性は◎
サラダはセルフサービスで食べ放題なんですよ♪



そして看板メニューの「カオマンガイ」!

やわかい鶏肉に鶏の出汁で炊き上げたタイ米お店の特製タレと、パクチーを口いっぱいに頬張ると本当にタイの屋台にきている気分♪



結構お1人様からカップルまで、幅広い年齢の方がサクッとランチをしにきているのと、かなりボリューム満点でコスパもいいので、カオマンガイ好きさんは1度足を運んでみてくださいね!


<スポット情報>
タイ屋台 999 新宿店 (カオカオカオ)
住所: 東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿
電話: 03-6435-8354


ガイトーンTokyo



こちらはピンクが目立つ外観の、タイ人も納得する美味しさのカオマンガイが食べれると噂のお店!「ガイトーンTokyo」☆

入り口から現地の屋台風の雰囲気◎中はこぢんまりとしていますが、可愛らしい作りでオシャレです♡



こちらの「カオマンガイ」は香りと美味しさのバランスが絶妙でした◎タイで人気だということも納得できる美味しさです!!

値段もリーズナブルでコスパがいい◎
お店の店員さんの制服もピンクでかわいらしく女子同士でも入りやすいですよ!!♡




つけあわせのスープも、別に頼んだパクチーのサラダもとってもおいしかったです♡
カオマンガイ初心者の方に、ぜひオススメしたいお店です♪


<スポット情報>
カオマンガイ (【旧店名】ガイトーンTokyo)
住所: 東京都渋谷区渋谷3-15-2 1F
電話:


タイ料理好きさんへ捧ぐ…♡


いかがでしたか?

都内のカオマンガイツアーをした結果、同じ料理でもやはりそれぞれ、お店のこだわりのあるタレやご飯の炊き方で、シンプルな料理なだけにかなり味に個性が出ます!
ぜひ食べ比べの参考にしてみてくださいね☆

関連リンク

  • 5/3 22:31
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます