小芝風花、「私、絶対に後悔させるので」で〝ポスト米倉涼子〟確定か?

拡大画像を見る

 女優の小芝風花が〝ポスト米倉涼子〟として活躍しそうだ。4月28日発売の「週刊新潮」が伝えた。

 小芝は2011年、「ガールズオーディション2011」でグランプリを受賞。翌12年、ドラマ「息もできない夏」(フジテレビ系)で女優デビュー。15年から放送された連続テレビ小説「あさが来た」(NHK)でヒロインの娘役を演じて注目を集めた。
 
 記事によると、未発表だが小芝の出演作が続く。今年7月からは関西テレビで放送される韓国ドラマのリメイクに出演。20年に民放連続ドラマ初主演を果たした「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系)のパート2が来春に放送。さらに「妖怪シェアハウス」の映画版が来年6月に公開されるという。

 小芝が所属するオスカープロモーションでは、米倉が20年3月に独立。「ポスト米倉」を巡って、一部では上戸彩や武井咲の名前が挙がったが、育児などで時間に制限がある。それが影響してか、オスカーは小芝を強力に売り込んでいるという。

 米倉は、「私、失敗しないので」の決めゼリフで知られる主演ドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)で大ブレイク。さまざまなメディアで演技力が高いと評価されている小芝だけに、米倉なみのブレイクも十分期待できる。

「実は、小芝は負けん気の強さは人一倍です。今年2月6日配信の『婦人公論.jp』で小芝は自分の女優人生は決して順風満帆ではなく、同年代の女優がどんどん活躍していくのを横目で見ながら、悔しい思いばかりしてきたと告白。でも、負けず嫌いの性格なので、たとえオーディションに落ちても『私を選ばなかったことを絶対に後悔させてやる!』と自分を奮い立たせていることを明かしていました」(芸能記者)

「私、絶対後悔させるので」。そう言われたら、小芝をキャスティングせざるをえない?

(石田英明)

関連リンク

  • 5/3 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます