愛猫がずっと見つめていたものは…? 瞳の奥に映っていた影に反響

拡大画像を見る

動物病院で保護された子猫を引き取ったAKR(@bou128)さん。

子猫を、ろん(本名:くろあん)と呼び、暮らし始めて知った予想外な出来事を『ろんの絵日記』として描いています。

ろんの絵日記

AKRさんは、ろんちゃんの姿をスマートフォンで撮っていました。

しかし、なかなかカメラのほうを見てくれない、ろんちゃん。

撮影した写真を拡大すると、あることに気付きます。

ろんちゃんの瞳の中には、飼い主であるAKRさんの姿が映っていたのです!

きっと、ろんちゃんはカメラよりもAKRさんのことを見ていたかったのでしょう。

投稿には、「飼い主さんのことが大好きなのね」「愛おしい!」「かわいすぎます」などの声が寄せられていました。

いつもたくさんの愛情を受けているからこそ、ろんちゃんの瞳の中にはAKRさんしか映らないのかもしれません。

相思相愛な関係に、こちらまで頬がゆるんでしまいますね。

『ろんの絵日記』単行本が発売中

AKRさんとろんちゃんの日常がぎゅっと詰まった単行本『黒猫ろんと暮らしたら』の第1~2巻が発売中です。

Twitterやブログに掲載された作品だけでなく、描きおろしやろんちゃんの写真も収録!気になる人はチェックしてくださいね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @bou128

関連リンク

  • 5/3 15:42
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます