初めての旅行で彼女に惚れ直した瞬間9パターン

期待と不安の入り混じる彼氏との初旅行。ふたりの絆を深めるチャンスを活かすためには、どんなことに気を付けるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性172名に聞いたアンケートを参考に「初めての旅行で彼女に惚れ直した瞬間」をご紹介します。

【1】ガイドブックを熟読するなど、事前準備が万端だったとき
「やる気満々って感じ。誘ってよかった!」(10代男性)というように、旅行を存分に楽しもうとする姿勢を見せるだけで、彼氏のテンションは上がるようです。出発前から「あと○日だね!」とカウントダウンを開始して、ワクワク気分を後押ししましょう。

【2】綿密な計画を立てたのに、突然の予定変更にも喜んで応じてくれたとき
「お目当てのカフェがまさかの臨時休業。でも『これぞ旅の醍醐味』と笑ってくれた」(20代男性)というように、想定外の事態を柔軟に受け入れる姿勢に感激する男性もいます。「旅先ではなにが起こるかわからない」と肝に銘じておくと、もしものときに慌てずに済みそうです。

【3】荷造りが素早いなど、手際のよさを知ったとき
「俺より支度が早いうえに、メイクもバッチリ。すげー!」(10代男性)というように、「女性は準備に時間がかかる」という常識を破ってみせると、少しは株が上がるかもしれません。普段から持ち物が多い人は、無駄がないか入念に点検するといいでしょう。

【4】荷物がつねにきちんと整えられていることに気づいたとき
「ちょっとした隙に服とかをまとめていて、すごく女性らしいなと」(20代男性)というように、ふと垣間見えた彼女の几帳面さにグッときた人もいます。とはいえ片付けばかりに懸命になるとふたりの時間が減ってしまうので、短時間に留めておくのがポイントでしょう。

【5】手違いを穏やかに指摘して、相手に交渉していたとき
「自分ならあっさり諦めてたはず。ちょっと尊敬」(20代男性)というように、トラブルが起きたときの対処がスマートだと、人としての評価が高まるようです。逆に自分を情けなく思う男性もいそうなので、自尊心を傷つけない配慮も必要でしょう。

【6】「あそこも行ってみよう!」と意外に行動的であることがわかったとき
「控えめな性格だと思ってたけど、こういうのもいい!」(10代男性)というように、普段とは違う大胆な振る舞いで、彼氏を萌えさせてしまう作戦です。あれもイヤ、これもイヤと尻込みするより、とりあえず何にでも目を輝かせる姿を見せたほうが、旅行も盛り上がるでしょう。

【7】臆することなく人に道を尋ねるなど、度胸のよさを見たとき
「あっというまに漁港のおばさんから情報収集。おかげで知る人ぞ知る名店に行くことができました」(20代男性)というように、人見知りしない性格なら、率先して地元の人と交流を図るのもよさそうです。でしゃばりすぎてもムッとされそうなので、最終的には彼氏に意見を求めるようにしましょう。

【8】普段はしないような表情で、無邪気にはしゃぐのを見たとき
「地元の子どもに囲まれて笑っているのを見て、ジーンとした」(20代男性)というように、自分では旅を満喫しているだけなのに、男性がその姿を見て想いを新たにする場合もあります。いつもはクールでも、旅先では感情を素直に表したほうがよさそうです。

【9】「すごく楽しかった。どうもありがとう!」とお礼を言われたとき
「思い出をもっと増やしたくなった」(20代男性)というように、旅行終了後に感謝の気持ちをきちんと伝えるのも、忘れてはならないことでしょう。記憶を反芻して幸せそうな表情を見せれば、すぐにでも次の旅行を計画してもらえるかもしれません。

「私を楽しませて」という態度ではなく、積極的に行動する姿に男性は心を揺さぶられるようです。互いに協力し合えば、ふたりにとって忘れられない旅になるでしょう。(安藤美穂) 【調査概要】 期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで 対象:合計172名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/3 14:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます