初デートで、また会いたい!と思わせる別れ際のセリフ9パターン

初デートから次のステップに進むためには、デートの別れ際がとても大切。では、どのような彼の態度に女性は「また会いたい」と気持ちが高まるのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に「『また彼に会いたい!』と女性が初デートで男性に愛しさを募らせる別れ際のセリフ9パターン」を紹介します。

【1】「硬かったかも」という不安が吹き飛ぶ「今日で○○のことがもっと好きになったよ」
「いい印象をもってもらえてホッとした」(20代女性)など、緊張しているにもかかわらず良く思ってくれたことがわかるセリフに女性は安心するようです。「普段の○○はもっと魅力的なんだろうな!」など、冗談めかして肩の力を抜いてあげるとさらに距離が縮まるかもしれません。

【2】2回目のデートを確約してくれる「次は○○に行こう!」
「もうデートしたくないと思われなくて良かった!」(10代女性)など、初デートで見限られなかったことに安堵する女性もいます。「いつ頃空いてる?」など具体的に日にちを聞くなどすると、社交辞令ではないとわかるでしょう。

【3】別れを惜しむように「時間経つの早いね」
「本当に楽しんでくれたのが分かった」(20代女性)など、自分との時間を満喫してくれたことがわかる言葉に、女性はキュンとするようです。「次は朝から会おう!」などもっと長い時間一緒にいたい気持ちを伝えて、嫌がられないようなら両想いの可能性がありそうです。

【4】「バイバイ」よりふたりの距離が縮んだ気分になる「またな!」
「すごく仲良しみたいで嬉しい」(10代女性)など、フランクな挨拶に「私に心を開いてくれたかも」と喜ぶ女性もいます。「またな、○○!」など、あえて名前を呼び捨てで呼んでみると「付き合っているみたい!」と胸がキュンとなる女性は多いでしょう。

【5】気持ちをストレートに伝えてくれる「もっと一緒にいたかった」
「思わず私も! と言いたくなった」(20代女性)など、彼の素直な言葉が女性には「本気で私のことを思ってくれている」と映るようです。「好きだから」など、彼女への気持ちも同時に伝えると、「なんて誠実な人なんだ」と感激してすぐに良い返信がかえってくるかもしれません。

【6】自分との時間を満喫できたのがわかる「○○といたから久しぶりに楽しめたよ」
「この人には私がいないとダメかもと思ってしまう」(30代女性)など彼にとって自分が特別な存在なのかもと意識するケースです。「君は一番波長が合う女性だよ」など女性のプライドをくすぐってあげると「彼にとって最高の彼女になりたい!」と女性の気持ちが高まるかもしれません。

【7】帰り道を心配しながら「家についたら連絡してね」
「彼の大事な存在になったかのようで嬉しい」(20代女性)など、男性に守られているような感覚に、ときめく女性もいるようです。「危なっかしくて放っておけない」など女性への愛おしさをアピールすると、頼りになる男性だと思ってくれそうです。

【8】別れのさみしさが伝わる「もしよかったら、もう一軒行かない?」
「離れたくないことが伝わって嬉しい」(30代女性)など、自分をもっと知ろうとしてくれている姿勢に女性は感激するようです。ただし、二件目を断られた場合しつこく誘うと嫌われる危険があるので注意したいところです。

【9】相手も会いたいと思ってくれていると分かる「今度いつ会える?」
「ちょっと気にしながら聞いてくる姿が愛おしい」(20代女性)など、ドキドキしている男性の姿から本気さが伺えてカワイイと思う女性もいるようです。明日にでも会いたかろうと、「都合がよい日程を教えて」と相手を気遣うと、紳士な印象を持たれて良い結果につながるかもしれません。

女性にとって2回目のデートがあるかないかは別れ際の台詞で判断することも多いようです。きちんとお付き合いしたい相手ならば、別れ際の台詞まで意識してみてはいかがでしょうか。(富岡由郁子/Litofura)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/3 13:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます