竹野内豊『イチケイのカラス』絶好調も…「セリフが激減」極秘内部事情!!

拡大画像を見る

 竹野内豊(50)が主演を務める月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)が好調だ。

 ドラマは2018年から『モーニング』(講談社)で連載されていた浅見理都氏の同名マンガが原作で、竹之内は型破りでくせ者の裁判官・入間みちおを、東大法学部出身の堅物エリート裁判官・坂間千鶴を黒木華(31)、上司役を小日向文世(67)が演じるなど、実力派が脇を固める。

 4月5日の初回放送の平均世帯視聴率は13.9%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、その後も2桁台をキープしており、4月26日の第4話の視聴率も12.4%と高視聴率を記録した。

「これまでフジテレビの月9ドラマといえば『ロングバケーション』や『ガリレオ』など、歴史的なヒット作が生まれる枠として知られていました。しかし、ここ最近は視聴率2桁台にギリギリ達するようなドラマも少なくなかった。

 そんな中にあって『イチケイのカラス』は視聴率も高く、さらに『ドラマ満足度ランキング』(4月6日~4月12日放送を対象)でも1位に。今クール、最も注目を集めているドラマと言っても過言ではありません」(テレビ誌ライター)

■竹野内は“カット”、黒木&小日向は“激増”

 視聴者からは「すっごく面白かった! 主演のお2人、竹野内さんと黒木華ちゃんとてもいい」「イチケイのカラス良かった〜 久々にドラマ観て泣いた 黒木華ちゃんに竹野内さん最高」といった好評の声が多数上がっている。

 視聴率、視聴者満足度ともに絶好調の『イチケイのカラス』。しかし、ドラマ制作会社関係者からは、驚きの話が聞こえてくるのだ。

「実は、主演の竹野内さんなんですが、セリフ覚えがそんなに良くないんですよね。現場でも噛み噛みでNGもけっこう……。でも、だからといって竹野内さんは落ち込んだり、暗くなったりせず、NGを出しても、明るく振る舞っていたので、“逆にすごい”という声も出たほど。

 ただ、竹野内さんのシーンが多すぎると撮影スケジュールに支障をきたす可能性があったので、実は、当初よりも竹野内さんのセリフが削られ、黒木さんや小日向さんのセリフがめちゃくちゃ増えているそうですよ」

 4月22日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、竹野内が黒木に対して「裁判用語は難しいね」と苦笑いしつつ語りかけたり、「異議を棄却します」というセリフを竹野内が噛んでしまい、法廷内に大爆笑が起きたと伝えている。

 また、演技プランに迷ったまま現場に入ることも少なくないといい、「自分の演技はこれで大丈夫でしょうか?」と何度もスタッフに確認して周囲をピリピリさせることもあったという。

■それでも竹野内が重宝されるワケ

 前出の制作会社関係者が続ける。

「ドラマのイケメンぶりからは想像ができないでしょうが、竹野内さんはかなり優柔不断な性格のようですね。そのため、ドラマ関係者の間では、竹野内さんと同じ現場だと言うと“あの人と一緒なんですか? 大変ですね……”と言われるほど。つまり、他の作品でも、竹野内さんの撮影は時間がかかるということですよね。

 それでも竹野内さんがずっと売れっ子俳優なのは、浮いた話がなく、スキャンダルとも無縁のため。今はプライベートが怪しい俳優はキャスティングの段階で嫌われてしまいますからね。そして何より、結果を出せることですよね。撮影現場が少々大変でも、今回『イチケイのカラス』のような数字も取れる素晴らしい作品を、主演俳優として務め上げられるのは、さすが、というところではないでしょうか」

『イチケイのカラス』は、竹野内が久々に月9で主演を務めるとあって、放送前から大きな注目を集めていた。

「しかもすでにクランクアップしているため、コロナの影響も受けない点もプラスに働きそうです。撮影は昨年11月から5か月にわたって行われましたが、撮影が前倒しになったのも、竹野内さんのスケジュールが全然とれなかったからだそうです。それだけ竹野内さんを使いたいという現場が多いということですよね」(前同)

 台本の覚えが少々悪くても、優柔不断な面があっても、俳優、タレントしての力は圧倒的。竹野内は今後も変わらず活躍していきそうだ!

関連リンク

  • 5/3 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます