先週のアクセスランキング!1位は、「俺、実は…」交際10ヶ月の授かり婚。入籍5日前に、男が29歳女に告げた恐怖の言葉

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“”に“”から“”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位 「俺、実は…」交際10ヶ月の授かり婚。入籍5日前に、男が29歳女に告げた恐怖の言葉

私の30歳の誕生日に入籍し、拓海の中目黒のマンションに、私が引っ越すことになっている。

3人暮らしには多少手狭な2LDKのマンションは、財閥系ディベロッパーに勤めている拓海が、7年前にグループ企業割引で購入したものだ。

資産価値が落ちにくいマンションを購入していてくれたのが幸いし、今では手の届かないような価格となっている。しばらくそこに住んで、子どもが大きくなってきたら売却するなり、賃貸にでも出せば安泰だ。

ずっと先まで明るい未来が、私を待っていると信じて疑わなかった。

続きはこちら

★第2位 彼氏を裏切ったまま、他の男の部屋で1週間も過ごしたら…。待ち受けていた最悪の状況

さっきからLINEの新着がうるさいと思ったら、塁が連続でメッセージを送ってきていた。何度も何度も、私を心配する旨のメッセージを。

その文字が視界に入るだけで、心から嬉しさが込み上げる。ついさっき起こった出来事なんて、なんでもなかったかのように洗い流されていく気がする。

果たして、正式な恋人である直人から心配されたところで、こんな気持ちになるだろうか…。

『真衣:心配してくれて、ありがとう!ねえ、塁。お願いがあるんだけど…』

続きはこちら

★第3位 「寝室を分けて、もう何年だろう…」夜しのび込んできた妻に、夫がとったひどすぎる仕打ち

夫が特定の女性と密に連絡を取り合っていることを、真琴は知っていた。

「全然対等じゃないよ…」

真琴は、夫のスマホに表示されている「亜里沙」という名前を見ながら、ぽつりと呟いた。樹は深く眠っているので、スマホの履歴を探るのは今がチャンスかもしれない。通話ボタンを押せば、ロックも解除できて、そのまま操作ができるだろう。

真琴は、樹のスマホに触れようと手を伸ばした。そのときだった。

続きはこちら

★第4位 上司から与えられる、“無償の愛”。24歳OLの人生が狂い始めた夜の出来事

「この部屋が、社員寮…?」

つい本音がこぼれ出た。エントランスや外観にも驚いたが、部屋に足を踏み入れてその驚きは増した。

いわゆる1LDKなのだが、とにかく広い。正直なところ、会社の“寮”というもの自体にあまり期待していなかった。大企業でさえも郊外にあると聞いていたから、まさかこんな都心の高級マンションが与えられるとは。

大きな窓から、眩しいくらいの光が差し込む。その開放感に、秋帆は再び言葉を失った。

続きはこちら

★第5位 “野菜の洗い方が分からない”28歳女に、後輩男子がかけた衝撃の言葉とは

母親とのランチで自尊心をボロボロにされて、心がじくじくと痛んでいる。普段だったら自分を肯定してくれる男たちに連絡を取っていた。だがそのとき蘇ったのは、祥吾の顔だった。

『急にどうしたんですか?』

呼び出し音の後、少し驚いたような祥吾の声にあんなは我に返った。何も考えずに電話していたが、祥吾との仲は特に深いわけではない。

「あ、えっと、ごめんね。急に電話して…」

続きはこちら

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/3 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます